週間天気
ブログ村
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカゲラ

Sat.08.08.2009 6 comments
ひとつハプニングがありました。知人の家の玄関前に、アカゲラが落ちていたのです。ガラスにぶつかったのでしょう・・・。家の人が、埋めてやろうと言って、シャベルを取りに行きました。

拾ったアカゲラ 1

ところが、よく見たらまだ動いているのです。あわてて様子を見たら、片目が開かず、クチバシには血がついています。ぐったりしていますが、もう一つの目でこちらを見る目はしっかりしていました。

拾ったアカゲラ 2

使い捨てカイロを入れたタオルにくるみ、暖めながら、近くに野生動物保護指定獣医がいないか捜しました。前にも、脳しんとうをおこしたアオゲラを拾ったことがあるので、獣医のところへ連れて行くのは二度目です。
地元の人に調べていただいて、ここから1時間半、帯広市にある獣医さんがみつかりました。カーナビをたよりに、出発。クルマに乗せるときょろきょろと周りを見回します。このときは元気になった!と喜びましたが、今思えばクルマに乗せられてびっくりしたのでしょう。とてもストレスだったと思います。急に動き出し、タオルをすり抜けてしまいました。窓にとまる姿もさすがキツツキ・・・いや、そんなこと言ってる場合じゃない(汗)

拾ったアカゲラ 3

わわ、私の肩にきた~。肩乗りキツツキ・・・なんてちょっと嬉しい。痛ててて!!足の力がとても強いのに驚きました。さすがキツツキ・・・いや、だからそんなこと言ってる場合じゃなくて・・・そっとつかんで、なんとかひきはなし、もういちどタオルにくるむまで、車内は大騒動でした。なんとか落ち着かせて、ペットボトルのキャップからクチバシに水を伝わせてみたけれど、ぶるぶるっと顔を振るので、車内シャワー状態。うまく飲めたかどうかわかりません。両手でずっとくるんだまま、キープして獣医さんのところに到着。うう、肩が凝り凝りだよぅ~(泣)

獣医さんの診断では、ぶつかったときに神経にさわって、目と足に影響がでていること、強制給餌が必要かもしれない、と言われました。私は面倒をみたいと言ったけれど、連れ帰るには難しく、まして飛行機には乗せられない状態とのこと。仕方なく預けてきました。このまま回復したら放鳥するし、万一だめでも、どちらにしても連絡をくれると言ってくれました。「保護活動なので治療費はかかりません」先生、ほんとうにありがとうございました。

その日から、今日も連絡が入らなかったから少なくとも生きているね、アオゲラの時は助かったものね、と言いながら旅行を続けていましたが、北海道から戻って、ついに連絡が入りました。あれからとても元気にしていたけれど、今朝、突然落鳥したという・・・。
環境の変化に耐えられなかったのか、症状が悪化したのか・・・。わかりませんが、とうとう救えなかった、ということと、せめて私が最後まで面倒をみたかったという思いで、やりきれませんでした。保護して、私はできるだけのことをした、なんて、とても思えませんでした。とにかく救いたかった。
いろいろ印象深かった旅行でしたが、さいごに哀しい思い出が残りました。

スポンサーサイト

出遭った小鳥たち

Fri.07.08.2009 2 comments
今回は野鳥の姿を期待したところではあまり会えず、ちょっとした林や茂みのなかで、よく鳥を見ました。北海道には珍しい鳥がたくさんいます。でも、私がいちばん会いたかったのはアカゲラでした。そして、湿原にいる小鳥たち。シマアオジにも会いたかったけれど、ごくふつうにいると思っていたのに、まさかそんなに激減しているとは知りませんでした。とても残念です。
いちばんよく出遭ったのはセンダイムシクイです。どこにいてもこえが聞こえました。

センダイムシクイ

アカゲラにも会えました。いちばん姿を見られたのもアカゲラだったような気がします。

アカゲラ

これはオオアカゲラでしょうか。

オオアカゲラ?

ゴジュウカラもはじめてじっくり見ることができました。

ゴジュウカラ 2

ゴジュウカラ

おしりポーズが多いですが・・(汗)
ほかにも、ペンケトー、パンケトーの展望台で聞いたコマドリのさえずりや、オンネトーに浮かんでいたオシドリなどが印象的でした。

オンネトーと雌阿寒岳


さようなら~
オシドリ

霧多布岬 2

Thu.06.08.2009 0 comments
翌朝、快晴だったのでまた湯沸岬(霧多布岬)に行きました。霧の出ていない朝は、最近では珍しかったそうです。宿を出ようとしたら、彼が先に立って「ついてこい」というのでついて行きました。いや、ほんとうにそう言うんですってば(笑)

犬 1

私が立ち停まると停まって待っている。方向を変えると飛んできてまた先頭に立つ。そしてまた「ついてこい」と言うのです。「なにもかもわかっているから心配するな」

犬 2

この犬は放し飼いです。夜、エゾシカを追うこともあったでしょう。狐とわたりあったこともあるでしょう。でも、全然自慢しない(笑)老犬だと聞きました。見るからに哲学的な顔立ちをしているなぁ、と感心してしまいました。

灯台の先端まで行くことができます。ここでもたくさんの花に囲まれて歩きました。

霧多布灯台


朝もカワラヒワ。

カワラヒワ

先端から見た岩の上。ウミウがたくさんいます。空にはアマツバメがたくさん飛んでいるのですが、私には動きがあまりに早すぎて、撮影できなかった・・・(泣)繁殖の時以外、ずっと飛びながら暮らし、地上に降りることはないのだと聞きました。

朝の海

オオセグロカモメが、すぐ目の前にいます。大きさを実感。

オオセグロカモメ 2

町中にも、カラス並みに、よく出会います。

オオセグロカモメ 1

春国岱(しゅんくにたい)

Thu.06.08.2009 0 comments
根室市風蓮湖の砂州、春国岱は野鳥公園になっているので、どんな鳥に会えるのか楽しみにしてネイチャーセンターへ行きました。そこで散策路のルートをもらって、話を聞くと愕然!いつぞやの台風の影響とかで、ぐるっと一周しているはずの木道が、あちこち封鎖されているというのです。
行ってみたら、長~い木道を歩いた先、いよいよ入り口という二つの道とも、Yの字に切れてしまっています。今を盛りのハマナスの群生地への木道は入り口で塞がれており、世界にこことサハリンにしかないというアカエゾマツの原生林への道も、途中で切れていました。がっかりしながらも、アカエゾマツの木道を歩きました。ここでは、クマゲラのペアは、ひとつがいしか確認されていないそうです。
木道の左右はヒバリがたくさんいましたが、砂州に近づくと、外側は、海水に浸食されて白く立ち枯れた木ばかり・・・。

春国袋

林の中はしんとして、動物の気配が感じられません。鳥のこえもしません。台風で倒れた木が根を無惨にさらしています。荒涼とした、見たことのない世界が広がっていて、ただ驚くばかりでした。

倒木

倒木2

でも、よく見ると倒木からはあたらしい命が育っています。

アカエゾマツの赤ちゃん

朽ちた木にはたくさんの穴が。クマゲラが突いた跡かもしれないと思うと、だんだん風景が違って見えてきました。

倒木の穴

荒涼として見えた原始の森が、暖かいゆりかごのようにも思えてきました。
木道の切れた先には、人の入れない、別の世界がどこまでも広がっています。

森の奥

その先をじっと眺めていたら、クマゲラや、ほかの鳥や動物たちはずっと奥にいて、そこで暮らしていればいいんだと思えてきました。そこで、自分たちの世界に戻るため、来た道を帰りました。

霧多布岬

Wed.05.08.2009 2 comments
霧多布湿原センターから木道を歩きましたが、鳥の写真は撮れませんでした。
ここは釧路湿原に比べるとワイルドな木道です。草丈も高く、ところによっては足下に気をつけないと湿原に足を取られます(笑)豆リンゴの林に入ると、いきなりおおきな威嚇のこえを発しながら、茶色い鳥が飛び出して来ました。周りを飛び回って「あっちにいけ!!」と騒ぎます。巣の近くに来てしまったのでしょうか。あわてて林を抜けました。あとで調べてみたら、おおきさと色がエゾセンニュウに似ています。ジョッピンカケタカ?なんてのんきな声ではなく、ぎゃあぎゃあとたいへんな音量でした。
このほかに霧多布湿原トラストからも木道が出ていますが、こちらも鳥はあまり見かけず、ジャッジャッという地鳴きばかり。
夕方になったので、湯沸岬(霧多布岬)に行きました。
ウミウとオオセグロカモメ。

岬からウミウとオオセグロカモメ

浜中町はエトピリカの生息地でしたが、やはり定置網などにかかったり、オオセグロカモメに営巣地をとられたりして、数羽しか確認できなくなってしまったそうです。
セグロセキレイ、カワラヒワ、ヒバリがあちこちにたくさんいました。
いつもの小鳥たちに会えてほっとしました。ヒバリはこちらで見るほうがひとまわりおおきいような気がします。

セグロセキレイ

カワラヒワ

ヒバリ

釧路湿原

Tue.04.08.2009 4 comments
去年につづき、今年も出かけてきました。北海道は例年の3倍という雨続きでしたが、幸い到着した日から晴れ間が戻りました。
鶴居村で、早朝5時からのバスツアーに参加、キラコタン岬まで往復約2時間歩くのです。ここは許可を受けたガイドがいないと入れないところなので、どんな鳥に会えるか楽しみでした。
お約束のタンチョウの夫婦。ガイドさんには毎日会ううち、危害を加えないとわかって、逃げなくなったそうです。ゆうゆうとバスの前を横切り、橋を渡って林の中に消えていきました。

タンチョウ夫婦

近くで見ると、やはり優雅な動きをしていて、みとれてしまいました。あんまりぼ~っと見ているものだから、ここだけは夫さんが撮影してくれました。

タンチョウ2

タンチョウ3


エゾシカは目は良くないけれど、とても耳がいい。私たちのほうに耳を向けて気配を伺います。

エゾシカ1

この親子はキョーン!とおおきな警戒音を出しました。シカがこえを出すときは、近くに熊はいないのだそうです。(そのときは声も立てずにとっとと逃げる)

エゾシカ2

これは、simcoさん、ハマーさんたちのようにエゾシカ探しゲームになってしまいました(汗)何頭いるでしょうか?

エゾシカたくさん

これだけ歩いても小鳥の姿はほとんどなく、林の奥でこえがするばかり(泣)ガイドも花や動物、昔のアイヌのひとたちの遺跡跡などがおもな説明でした。「熊に遭ったらあわてずにゆっくりとあとずさりして距離を取ってください。列が離れると襲われやすいので、間を開けないように歩いてください」と、ガイドさんがニコニコ説明。ほんとは熊に遭いたそうな雰囲気です。鈴のほかに、ときどき固いアオダモの幹をたたきながら進みました。ここは小鳥というより、おもにヒグマの生息地だったのですね。
キラコタン岬からの眺め。人の入らない湿原の姿です。

P1020021.jpg

釧路湿原 その2

Tue.04.08.2009 0 comments
キラコタンツアーでは小鳥に会えなかったので、そのあと温根内(オンネナイ)の木道を歩きました。ここにはネイチャーセンターがあって、双眼鏡の貸し出しもしています。もうエゾカンゾウは終わっていて、あの黄色い陽気な色がないと、湿原はひっそりしているように感じます。
ヒオウギアヤメ、ツリガネニンジン、エゾトリカブトの紫、シモツケ、エゾフウロ、エゾノエンレイソウのピンク、ノリウツギの白。いま、目立つ黄色はトウゲブキくらい。この花はキラコタン岬へ行く途中見かけました。大変珍しいと教えていただいたのに、名前を忘れてしまいました(泣)どなたかご存じの方がいらしゃいましたら教えてください。(名前がわかりました。トモエソウといって、湿原より、ふつうに山野にある花のようです。ここでは珍しいという意味だったのでしょうか)

黄色い花

湿原の草むらの中から聞こえてくるたくさんの鳥の声。声から判断すると、オオヨシキリ、コヨシキリ、オオジュリン、ホオジロ、アオジ、カワラヒワなどが草むらに潜んでいるようです。ヒッヒッというこえがしていましたが、こちらにはセッカはいないのですね。すると、林の中にコルリでもいたのでしょうか??やっと姿を見せてくれたのはオオジュリン。

オオジュリン

トンボをつかまえたのは、ノビタキの♀でしょうか??

ノビタキ♀?

トンボはよく補食されます。道に羽だけがたくさん落ちているのを見ました。
今は、小鳥の♂がさえずる季節が終わり、小鳥たちはアシのなかに潜んで地鳴きを繰り返すばかりです。木を見上げても、葉が生い茂り、鳥を見るには難しい。こんどは6月までにいちど来たいものですが・・・。

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。