週間天気
ブログ村
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び立山へ 2日目 富山市ファミリーパーク

Wed.18.07.2012 0 comments
降りてきた富山市は36度!一気に20度以上の気温差です。
ファミリーパークは、立山山麓駅から市内を抜けておよそ1時間。ちいさな山里をそのまま動物園にしたようなところでした。起伏もあります。暑さにめげながら園内を歩き・・・やっと着いた!!バードハウスと書いてあるけど「ライチョウこちら」とは書いていないので、そこにいたかたに訪ねて教えていただきました。いちばん端のコーナーでした。平日の、しかも閉園まぎわなので、私たちのほかは誰もいません。

いました!やっと会えた!うわっ!このかわいさはたまりません。テンションMAXで「かわいい~!」を連発する長女(と私)。

P7188891-2.jpg

動きがものすごく素速いのと(ひなという概念から外れる速さです!)ガラス越しなので、なかなか鮮明に撮れません(汗)歩いてるのではありません。走り回っています(笑)

P7188901-2.jpg

たしかに、カメラに追い回されてしまったら、この速さでは、あっというまに親からはぐれてしまうでしょう。くれぐれも遠くから見守ってほしいと思いました。

P7188905-2.jpg

水を飲んでおります。まんまるでふわふわのあし。ちゃんとカワイイ羽が。

P7188915-2.jpg

一瞬だけ親子が撮れました。私のカメラだと上手く撮れない。

P1090534-2.jpg


♀がガラス越しに寄ってきます。慣れているのか攻撃しに来たのか、ガラスを突いていました。

P1090532-2.jpg

しばらく走り回っていた親子が、さっといなくなりました。ライブカメラがあるのですが、それにも映らない真下にいるのでしょう。ライチョウは餌を食べたらすぐにひなが親の羽の下に戻って保温すると聞いたことがあります。きっと、お母さんのお腹の下にみんな潜っているのでしょう。7月12日に生まれたので、まだ6日目です。8羽のひなが孵ったそうですが、これからも健やかに成長してくれることを祈ります。
そして、願わくば、ライチョウがコウノトリのように人工ふ化や人工繁殖に頼ることなく、生き続けますように・・・。

これで私も長女も満足して富山をあとにしました。仲良し道祖神さん、さようなら。

P1090525-2.jpg

立山は何度行っても、また行きたくなるところです。

のついているのは長女の写真。(オリンパスペン)

スポンサーサイト

再び立山へ 2日目 室堂平

Wed.18.07.2012 4 comments
本日のみくりが池。まだ縁が凍っています。

P7178752-2.jpg

昨日の場所で待ちます。人通りが多くなってくるので気になりかけた頃、別の場所にいた長女が指さす方向を見たら・・・
!!!
P1090460-2.jpg

♂のライチョウが!!

P1090473-2.jpg

私は、ハイマツのなかにいる♀とひなを守るため反対側に出てきたのだと思ったのですが、それにしてもひとを怖がる様子がありません。
こ、こっちに来る!!

P1090474-2.jpg

P1090475-2.jpg

ひぇぇ!!望遠レンズいらなかったよぅ~。

P1090487-2.jpg

仕方ないので私があとずさり。
このあと、植物を食べたり、なんと、羽繕いまで始めるライチョウ。堂々としています。

P1090511-2.jpg

P1090501-2.jpg

ずいぶん長いことそこにいました。ライチョウは思っていたより小さくて、思わずだっこしたくなるサイズです。繁殖期を過ぎているので肉冠はちいさくなっていました。あしがふわふわ。
いくらひとを怖がらないといっても、追いかけてカメラを向けるのは厳禁。ひなが親とはぐれて死んでしまったりするそうです。一緒にいた方たちはとてもマナーがよかったので、ライチョウも安心して長くいてくれた気がしました。この時期になると、♂ははだんだん家族から離れていくのだとか。反対側のハイマツに消えていきました・・・・。
ここまできたら、ひなと♀も見たい!と欲が出ました。昼まで待ちましたが、梅雨明けで室堂平は晴れ渡っています。富山湾まで見えてしまう。

P7188770-2.jpg

みくりが池周辺の花たち。撮っていたら、あちらにクロユリが咲いているよ、と教えて下さった方がいたのですが、見つからず・・・(泣)
ハクサンイチゲ

P1090523-2.jpg

ヤマハハコ

P7188773-2_20120720173709.jpg

ヨツバシオガマ

P1090519-2.jpg

これも名前のわからないちいさな花です。
(ミヤマアカバナであることを、kogamoさんに教えていただきました)

P1090521-2.jpg

花ばかり撮っていて時間が過ぎていきます。どこからも雷鳥情報は入ってきません。これだけ晴れ渡ってしまうと、夕方まで無理かなぁ・・・。ラッキーガールの長女は、別の場所に行ってしまったし、ひとりで待っていると、暑さと日差しの強さでまいってしまいました。
仕方ないので、富山市ファミリーパークに、ノルウェーライチョウのひなを見に行くことにしました。立山にいるのと同種だそうです。閉園は4時半なので、間に合うように下山を決心します。
立山山麓駅にいたツバメ。室堂平にいたイワツバメではなく、普通のツバメです。屋根の下にたくさん巣を作っていました。

P1090529-2.jpg

長くなるので続きます・・・・。

のついているのは長女の写真。(オリンパスペン)
花の名前が間違っていましたらご指摘いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。



再び立山 1日目 弥陀ヶ原から

Tue.17.07.2012 0 comments
2回目の立山に行きました。
ここしか休みが取れなかったので、天候が不安でした。まだ梅雨でしたから。
ところが、幸か不幸か、この日梅雨明けしてしまい、翌日は室堂平ほぼ晴れでした。雷鳥はその名の通り、晴天には現れないとも聞いていましたから・・・。

さて、立山駅からケーブルカーに乗り、美女平から高原バスに。雨が降りだしたのに、弥陀ヶ原に降りたとたん、雨がやみ、日光が・・・。

P7178713-2.jpg

これは、同行してくれた、自称「100%晴れ女」の長女のおかげらしいです。家から用意してきたお弁当を食べ、弥陀ヶ原を散策。
ウグイスがたくさん鳴いていました。ここではまだ春なのでした。

P1090442.jpg

早速、チングルマの群生が出迎えてくれました。

P1090443-2.jpg

マイヅルソウとツマトリソウ。白くて小さな花が大好きです。

P1090448-2.jpg

イワカガミもあちこちに咲いていました。この花は何故かこちら向きだったので・・・。

P7178722-2.jpg

ニッコウキスゲは翌日いっせいに開いたようです。この日はまだわずかでした。

P7178730-2.jpg

ワタスゲも沼のほとりに咲き始めていました。

P7178720-2.jpg

道路沿いに咲いていたテガタチドリ

P7178732-2.jpg

去年も今年も、ここにひとつしか咲いていないと教えてもらったハクサンチドリ。

P7178733-2.jpg

これは気になって教えてもらったのに、名前を忘れてしまいました。タテヤマがついていたような・・・。
(ミヤマコゴメグサという名前らしいです。「立山の花」より)

P7178735-2.jpg

再び高原バスで室堂平へ。到着するともう夕方です。これから一泊する宿まで、はじめて30Lのリュックを背負ってのアップダウン40分はきつかった~。カメラが重いんです・・・(泣)
重いリュックを宿に置き、カメラだけを持ってハイマツのちかくで雷鳥を待ちました。さっきからピイピイこえがするのです。すると、ひなが1羽!!一瞬出ただけで、すぐにまた見えなくなってしまいました。撮影できず残念!ふたたび待ちましたが、夕食の時間になってしまったので、諦めて宿に帰りました。
夕日に映えるカヤクグリ。うつくしいこえでさえずっていました。

P1090454-2.jpg

P1090457-2.jpg

そしてこの日、はからずも梅雨明け・・・。
でも、おかげで夜、満天の星空を仰げたのはなによりでした。寒かったけれど、長女と二人で寝転がって、いつまでも見ていました。

のついているのは長女の写真。(オリンパスペン)
花の名前が間違っていましたらご指摘いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。


topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。