週間天気
ブログ村
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蜻蛉玉』(とんぼだま) 内田百間(うちだひゃっけん)

Wed.29.07.2009 4 comments
野鳥に関してはいろいろなひとが本に書いています。では、そういう人が自分でも小鳥を飼っているかというと、必ずしもそうでもないようです。野鳥に関心のあるひとは、たいてい「小鳥をかごに入れて飼うなんて!」と言うからです。(私もかつてはそう思っていました)
たしかに、その昔、姿やうたごえを愛するあまり、かごに閉じこめてしまう愛鳥家が多かったのも確かです。メジロ、オオルリ、ウグイスはじめ、いろいろな野鳥がおびただしい数捕らえられ、売られ、かごの鳥になっていきました。それがかずかずの悲劇を生んだことは否めません。

江戸時代、江戸のひとたちは、たいへん小鳥を愛好したようです。平和な世にペットブームがおきて、外国から珍しい鳥がたくさん輸入されてきました。また、たくさんの野鳥も飼い鳥にされました。戯作者の滝沢馬琴も小鳥好きで、鳩やカナリアを多く飼って、繁殖もしていました。小鳥の愛らしさ、美しさ、そして歌声を愛でるあまり、多くの人が所有したいと望んだのです。こうして、かごの鳥が経済的に流通するということが、ひろく行われるようになったのでしょう。
善し悪しは別にして、代々ひとに飼われてきた鳥は、野鳥とはべつの生き方をしてきた歴史があります。犬がオオカミと違う暮らしをしているように。そこのところを区別しないから、文鳥がかごに入っているといやだなんて言うのでしょうね。でも今、かごのなかの文鳥を野に放したら、生きてはゆけません。それに、自分で小鳥を世話したことのあるひとなら、小鳥たちが寄せてくれる信頼を感じているはずです。だからこそ、野鳥にも思いやりがもてるのではないでしょうか。

メジロ

さて、内田百間は漱石の弟子で、小説家、随筆家。今でいうならエッセイを書いた人です。この人も鳥をたいへん愛好した人でした。でも、今から見ると困ったことばかりしています。この本を読む限り、野鳥を何十羽も飼って、熱心に世話したと思ったら、すぐに飽きてしまい飢え死にさせてしまったり、(雀を捕らえるため?)雀のねぐらを襲おうと、はしごを持ち出したり、ウグイスの品評会にでかけて批評したりしていて、当時の野鳥事情と、百間先生の人となりがよくわかるのです。

ウグイス

やはり、ひどい!ひどいよ百間先生!!ああ、またか。でも、先生だけを責めてもしょうがない。昭和の世になっても、つい最近まで、まだまだ野鳥の扱いはこんなふうだったのです!(合掌)どんなにたくさんの小鳥を飼って、どれだけおおくの小鳥を死なせたかわからない、でも、また飼わずにはいられないほど、小鳥が好きでしょうがない、というのだから、ほんとうにしょうがない人です。

ヤマガラ

その百間先生、なぜか外国の鳥は好かないとおっしゃる。九官鳥、オウム、インコなんかはだめで、日本のすっきりした小鳥の姿がお好み。カナリヤも、こえがやかましくて気に入らず、ダメだと言っています。そこだけはわたしもちょっぴり共感しました。
百間先生が「飼い鳥」というのは、おもに野鳥ばかりで、たいていメジロやノジコ(アオジに似た外来種らしい)を飼っていたと書いてあります。文鳥、十姉妹、金華鳥などの記述はみつかりません。全集は膨大なので、ほかの本にはあるかもしれませんが、まだ探し当てておりません。たぶん、百間先生の「飼い鳥」とは野の鳥のことなのでしょう。ただもう、野の鳥を愛でるあまり、小鳥をそばに置いたのではないでしょうか。
たしかにこういう人が今いたら、たいへん困りものだと思いますが・・・。

追記
百間先生はやはり文鳥を飼っていました。動物の随筆をあつめた『阿呆の鳥飼』のなかに「漱石山房の文鳥」という、まんまの題名がありました(汗)すみませ~ん。百間は高等学校初級のときに、漱石の「文鳥」を読んでいて、このときの飼い方にいろいろ文句を付けています。飼い鳥の世話にかけては精を出していますからね。漱石が面会日としていた木曜会に、百間が手乗り文鳥を自慢げに持って行き、皆の前で披露する様子が描かれています。また困ったことを、百間先生(笑)どこが困ったちゃんなのかは、読むとわかります。ほんとに無邪気なんだから。この本もおすすめなのですが、すでに絶版です。図書館で探してみてください。









スポンサーサイト

ザビエル・ゴマ吉

Sun.26.07.2009 10 comments
ゴマ吉の頭の模様は、換羽でもないのに毎日変わります。たいへん微妙ではありますが、てっぺんの白いところがたしかに変化するのです。あるときは一直線に白くハイウェイが通っていたり、三角だったり、「の」の字だったり。それは、換羽の時以外は、毎日羽が生え替わっているのではなくて、ゴマ吉が頭をぶわっと逆立てた後、どう着地するかによって決まる!ということを、
最近になって発見しました!(←シラ~・・・)
そんなわけで、休みの日、放鳥してまずのぞき込むのがゴマ吉の頭です。

何かご用ですか?
何かご用ですか?

5月のある日、ゴマ吉の頭が神々しくなっていました。
「ザビエルだな」みん兄ちゃんがひとことで言い当てました。うん、ありがと。

写真は嫌いなんです
写真は嫌いなんです

もちろん、上から眺めまくって笑いが止まらなくなりました。

上から撮るのはやめてください
上から撮るのはやめてください

今日もザビエルだったのですが、羽のたたみかげんが違うと、微妙に模様が変わります。このときは一直線にソリコミが入りました。

バカみたい。どうでもいいじゃない?そんなこと
バカみたい。どうでもいいじゃない?そんなこと
ほんとに失礼です!

はい、すみません。我ながらな~んてヒマなことしてるんだろ・・・と思います。

『文鳥』 夏目漱石

Sat.18.07.2009 4 comments
文鳥の出てくる文学は夏目漱石の短編『文鳥』が有名です。しかも、名作だと思います。でも、複雑な気持ちになるんです。白文鳥のアンハッピーな話だから。
ひどい!ひどいよ、漱石先生!!と言いたくなります。文鳥飼いなら二度と読みたくない(かも)、でも、一度は読んでおきたい文学です。
鈴木三重吉に勧められて白文鳥を飼ってはみたものの、世話を怠って死なせてしまう。しかも、家人のせいにしたり、挙げ句は三重吉が勧めたからだなど、責任転嫁。ひどいでしょ?漱石先生の描く文鳥の描写が秀逸ではありますが、やはり文鳥飼いとしては、非常に遺憾な文学なのであります。

 文鳥の眼は真黒である。瞼(まぶた)の周囲(まわり)に細い淡紅色(ときいろ)の絹糸を縫いつけたような筋(すじ)が入っている。眼をぱちつかせるたびに絹糸が急に寄って一本になる。と思うとまた丸くなる。籠を箱から出すや否や、文鳥は白い首をちょっと傾(かたぶ)けながらこの黒い眼を移して始めて自分の顔を見た。そうしてちちと鳴いた。 (青空文庫より引用)


白文鳥1

心惹かれていなければ白文鳥の仕草のいちいちに、あのような表現は出てこないでしょう。昔出遭った美しい女を連想するところなど、白文鳥の美しさをよく捉えていると思います。一本足で止まり木にいるので驚くくだり、眠たい様子、水浴びなど、漱石先生は逐一、細やかに観察しています。そして、すばらしい描写をしています。こういう文学、最近あまりお目にかかれなくなってきましたよ。ほんとうは、かわいくてかわいくてしょうがなかったんでしょ?漱石先生。なのに死なせてしまった。悔しさと悲しみがこみあげて、文学者としての体裁をかなぐり捨てて、かんしゃく持ちのおじさんに戻ってしまうのです。ほんとうは自分に一番腹を立てているのでしょ?漱石先生・・・ま、このへんで許してあげようか(笑)

白文鳥2う~む・・

一方、鈴木三重吉さんのほうは、よほど小鳥を愛してる事が伺えます。童話雑誌『赤い鳥』は言うに及ばず、小鳥をテーマにした詩や文学をたくさん書いています。文鳥のなきごえを「千代千代」と鳴く、などといって、(『三月七日』のちに『鳥』と改題)漱石先生に昔の女だったのだろうか、などと勘ぐられたりしています。
漱石先生に文鳥を飼うように勧めたあと、渡すまでに時間がかかっています。しかも、慣れるとよくさえずるとか、手から餌を食べたりするなどと漱石に伝えてあるくだりなどから、もしや、三重吉はしばらくこの文鳥を手許に置いて、この文鳥を慣らしてから漱石に渡したのではないか・・・と、私は想像しました。文鳥を、全く鳥を飼ったことのない人にいきなり渡すのは不安ですからね。だとしたら、慣れると「ちよちよとよく鳴く」と書いてあるので、この文鳥は雄だったかも?(笑)女を連想してる漱石先生がちょっと気の毒になったりします。三重吉は漱石の文鳥が死んだというはがきの返事に「可愛想なことをいたしました」とだけ書いて、誰を責める言葉も書きませんでした。恩師だから言えなかったこともあるでしょうが、三重吉もまたふかく悲しみ、後悔もして、自分を責めたのだということが伺われます。

白文鳥3こりゃ・・・


ともあれ白文鳥の美しさ、愛らしさをよく知る三重吉は、恩師の偉大な感性を信じて託した。そして、この珠玉の短編が生まれた。そう考えたいですね・・・死なせなかったら生まれなかったかもしれないのが、微妙なところです。ペットなんていう概念もなかった明治の世のことですからね、この時代、小鳥ははかなくて、美しい生き物だったのでしょう。・・・でもやはり、やりきれないおもいが残ってしまう。
「文鳥」が書かれたのは文鳥を死なせたあとでしょう。漱石が文鳥を何とも思っていなかったら、こんなにもいろいろなことを思い出して、仔細に、美しく表現したりはしなかったでしょう。哀しい結末ではあったけれど、漱石先生は文鳥からなにかを感じ、それを残しておきたかったのだと信じたいのです。締め切りに追われて、ネタに困って・・・なんてこともあったかもしれないですが。

そうそう、群ようこさんも文鳥を飼っていました。エッセイ『トラちゃん』のなかにエピソードのひとつとして出てきます。でも・・・これもけっこう酷い目に遭うのですね。長生きしているので、まだ救われますが。
文鳥飼いとしてはやはり、う~ん・・・という内容です。
ああ、幸せな文鳥の文学を、誰か書いてほしい。

残念ながら、しろだと文鳥の「はかない美しさ」というものは表現できなかったようです・・・。

白文鳥4しろじゃだめだ

なによ!!文句あるの?!










フェルトのヤマガラ

Wed.15.07.2009 8 comments
楽天ブログでお知り合いになった『けだまの雑記帳』のkanon111さんに依頼していたヤマガラが届きました。
・・・なんてかわいいんでしょう!箱をあけて思わず微笑んでしまいました。

フェルトのヤマガラちゃんたち

リクエストは、バードテーブルに来ていた1号ちゃんと4号ちゃんです。ブログの写真をもとに作っていただきました。1号ちゃんは大胆でやかましや。ひまわりの種が無くなると、「ヴィー!!」と催促にきました。4号ちゃんは、顔にもオレンジ色の入った、ちょっと小さくて、控えめな子でした。2羽とも、かつては常連の、しかも主役でした。最初5羽以上来ていたヤマガラは、だんだんやってこなくなり、去年は1羽が、それもごくたまにやってくるだけになりました。近所の山に入っても、数が激減して、容易に会えなくなり、寂しい思いをしています。私はやかましくてずうずうしいけど憎めない、このオレンジ色の小鳥が一番好きなのです。楽天でブログをやめようと思ったときに、記念にとお願いしました。
まあその・・・またこうしてはじめてしまったので、ご紹介もできるわけですが・・・(汗)

kanon111さんの作る小鳥は、極端にデフォルムされていません。自然の姿がきちんと写し取られています。自然の形に近いけれど、そのままではない。技術的に優れているのはもちろんですが、それだけではない個性が感じられます。こういうひとをアーティストというのでしょうね。
kanon111さんは、ただ鳥を見ているだけではなく、たくさんの小鳥とお暮らしです。小鳥たちと一緒に生活するひとだからこそ、手触りやぬくもりも違うような気がします。そしてひなが孵ればさし餌をし、日々細々としたお世話をしています。そんななかから、かたちを写し取るだけではない、なにかも生まれているような気がしています。
今回、ヤマガラにたいへんご苦心されたそうです。その課程で、この平凡な、どこにでもいる小鳥が、1羽1羽独自の色や姿を持っていることに、あらためて気づかれたのだとか。そんなおもいまでが、この愛らしいかたちに入っているのです。私もいっそう愛しく眺めたのでした。

ところで、最近のゴマ吉は未知のものに勇敢です。
このひとたちは・・・?
「このひとたちは・・・?」

あたらしい仲間でしょうか?
「あたらしい仲間でしょうか?」

でも、ホントに興味があったのは・・・
やはりこちらですね
「やはりこちらですね」

・・・巣材でした。

朝のご挨拶エナガと・・・?

Sun.12.07.2009 4 comments
梅雨もなかば、毎朝おはようを言いに来てくれる子たちがいます。
エナガ。まだふわふわなんですね~。
エナガ1

10羽くらいやってきて、それはそれは賑やかです。去年まではこんなことはありませんでした。エナガは今年、とてもよく見かける鳥です。
エナガ2

ひときわおおきなさえずりが聞こえます。エナガは行ってしまいました。
あなたは・・・?
誰だ?

ああ、嬉しいですね!バードテーブルに来ていたシジュウカラでしょうか。思わず、おかえり!と言いたくなってしまいます。
シjッユウカラだった

なんてよく通るこえなのでしょう!こんなちいさな生き物が発しているとは思えないくらいです。
さえずり

わけあって、最近鳥見に行けません。
山のキビタキはどうしているかなぁ、と思います。
でも、家にいながらにして、こうして小鳥たちに会えるのは、何とも嬉しい・・・。身近にいる野鳥がいつもと変わりない姿をみせてくれるのが、私にはいちばんの喜びです。

2羽(ふたり)一緒に

Tue.07.07.2009 6 comments
なんと、しろもゴマ吉と一緒にお風呂に入りました!ゴマ吉は入るまでは慎重ですが、いちど入ってしまうと、夢中になってまわりが見えなくなってしまう癖があるのです。はたして、しろはどうするでしょうか・・・?

しろさん、いっしょにシンクロしましょう!
しろさん、いっしょにシンクロしましょう!

では、よ~い・・・
では、よ~い・・・

スタート!!ばしゃばしゃばしゃ・・・・
スタート!!ばしゃばしゃばしゃ・・・・

しろさん、気持ちよかったでしょ?
しろさん、気持ちよかったでしょ? やっぱり一人で入ろうっと・・・
・・・やっぱり次は一人で入ろうっと・・・

絵本『みつばちみつひめ』 秋山あゆ子

Mon.06.07.2009 0 comments
トックリバチをご存じでしょうか?
泥で、こんな巣を作ります。毎年うちのまわりのどこかで必ずみつけるのですが、今年はガレージに作っていました。このかたちが徳利のようでしょう?この中に卵を産み、生まれた幼虫のえさになる虫をつめこんで、さいごにまた泥でフタをします。このお母さんはここが気に入ったようで、同じところに3つ目の壺を作りました。下にふたつ、フタをした壺があるのがわかりますか?この蜂は単独で巣を作り、あまり攻撃的でなく、すももにつく害虫を捕ってくれるので、ありがたい存在です。

トックリバチ

蜂はあまり好かれる虫ではないとおもいますが、なんと、ミツバチのお姫様が主人公の絵本をみつけました。絵の緻密さ、正確さ、そしてディティールの楽しさ!昆虫に着物を着せた絵って、想像できますか?これはただものじゃない!・・・と思ったら、秋山あゆ子さんは、雑誌『ガロ』でデビューした漫画家でした。絵本とはまったく違ったタッチの絵のスタイルをいくつも持っておられるようで、才能を感じさせます。大人向けの漫画も昆虫がテーマです。

さて、ミツバチのみつ姫は、お城を抜け出して、町や村に出かけます。そこで、市井のひとたちのお手伝いをしようというのですが・・・。お城の中、町の様子、店の中、たくさんの蜂たちの様子に、見飽きることがありません。マルハナバチ、ハキリバチ、トックリバチが、その特性を発揮した商売をしていて、もちろん、トックリバチはつぼを作って売る店です。私はかわいい絵だなぁ、と思うのですが、ほんとに虫の苦手なひとはこれでも「やっぱりダメ~」と言いました。ご注意下さい(笑)
もう一冊の絵本は蜘蛛が主人公です。蜘蛛もあまり好かれている昆虫とはいえませんが、ここでも主役に抜擢されて、捕物帖の親分として活躍します。威勢のいい台詞もバッチリ決まっています。

漫画集『こんちゅう稼業』『虫けら様』は、ファンタジーとかホラーとかいうより、「奇譚」(きたん)というほうがぴったりの短編集です。私たちにすれば奇譚ですが、虫たちにとっては、あたりまえのいとなみが描かれています。読むうちに、不思議な気持ちになりました。鳥を見たり、雑山を歩くようになっていなかったら、こんなに心惹かれることはなかったかもしれません。
『虫けら様』には『みつばちみつひめ』の元になったと思われる漫画もありました。この本のなかで、たった4ページですが、フユシャクという昆虫をもとにした短編がいちばん印象的でした。巻末、近藤ようこさんとの対談では、意外な事実も明かされて興味深かったです。
『こんちゅう稼業』には、ウグイスや十姉妹、セキセイインコなども出てくるので、小鳥を飼っておられたのでしょうか。きっと、小鳥もお好きなのにちがいない・・・と、勝手に思っています。









topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。