週間天気
ブログ村
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文鳥食堂閉店

Sun.28.03.2010 16 comments
まいどご贔屓をいただきましてありがとうございます。
「文鳥食堂」店主でございます。
毎日ご利用頂きましたメジロ様、シロハラ様、シジュウカラ様、ほんのひと時でしたがご利用頂きましたヤマガラ様、ウグイス様、虫系メニューにおいで頂きましたモズ様、ジョウビタキ様、そしてヒヨドリ様、スズメの団体様、ご来店ありがとうございました。今期は、シメ様がお見えにならず、寂しい思いをいたしました。店主の不徳といたすところでございます。
桜もちらほら咲き始め、お客様も「桜下食堂」へと移動されましたので、これをもちまして食堂の方は閉店とさせていただきとうございます。あいかわらずご来店いただいておりますスズメご一行様におかれましては、ご不自由をおかけいたしますが、切磋琢磨され、自然界よりご調達をお願いいたします。
・・・・あの~、キジバト様?
はい?
もしもし・・・?

キジバト様用メニューをお出ししていないにもかかわらず、繁くおいで頂き、ついにヒマワリの種を丸呑みされるという荒技を体得されたところではございますが・・・
↓↓↓ 証拠写真!!

必殺丸呑み!!

もう、ご提供は終了させていただきましたので・・・・。
ひ~ど~い~わ~・・・
とっても不機嫌

たいへん申し訳ございません。
ついにおいでいただけなかったツグミ様におかれましては、来期のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ええっ?!・・・・無理かも・・・
こそこそ・・・

さて、来期はどんなお客様がいらっしゃることでしょう。今から楽しみに、これをもちまして閉店のご挨拶とさせていただきます。

スポンサーサイト

文鳥温泉

Tue.23.03.2010 10 comments
冬じゅう営業してきた文鳥食堂も、閉店間近です。春先の寒波に備えて、完全閉店はまだ少し先になります。
このたびは、砂風呂を併設することになりました。

今日は寒いなぁ・・・
今日は寒いから・・・

そうだ、風呂に行こう
風呂にしよう

ほんのわずかなところを耕して、コンポストの堆肥を入れただけなのですが、ふわふわになった土を、スズメは見逃しませんでした。
お加減はいかがですか?

なかなか快適ですよ
いい湯ですねぇ

ほわほわ~♪
若返るわ

ありがとうございます。こちらのほうもどうぞご贔屓に・・・。
4月に夏野菜の苗を植えるまでの営業になります。
食堂脇に、犬屋布団店も開店しておりますが、お客様はなかなかおいでになりません。今年は持ってゆきやすいように、ネットに入れず、直接ピンで屋根付き食堂の床に留めてみました。まだ持ってゆくところを見ていませんが、引っ張った跡があります。仕事に行っているときに来ているのかもしれません。シジュウカラのお力ちゃんだといいのですが。

ジョウビタキの気持ち

Sun.21.03.2010 6 comments
一週間のうち、何日かは必ず雨が降るので庭仕事がなかなか出来ません。仕事が無くて、晴れた日は貴重です。朝から晩まで狭い庭のあちこちを掘り返します。
はっと気がつくと、目の前にジョウビタキのお嬢さん!!ほんの2メートルくらいの距離しかありません。だんだん・・・

発見

だんだん・・・近づいてきます。緊張すると細くなりますね。

だんだん近づいてくる

ときどき小さく「カカッ」と威嚇されますが、強くではありません。そっとカメラを取りに行き、戻ってきても、まだ近くにいます。遊んでくれるの?

そんな暇ないわよ
だんだん・・・

そうですよね、そんなはずはありません。土を耕したあとには虫が出るからです。あっというまに目の前に来て、クモを捕まえていきました。

クモ!!

こんどは1メートルくらいの距離まで来ています。座って様子を見ることにしました。ときどき虫を捕まえます。ミミズはあまりお気に召していないのかもしれませんが、このさい、贅沢は言っていられないようです。

ミミズ!!

どうする?まだ捜してみる?
どうしようかなぁ
首かしげて

何食わぬ顔・・・

何食わぬ顔

なによぅ、文句あるの?!
文句あるの?!

こんなちいさな小鳥ですが、虫を食べたことを覚えているのですね。こんな近くで、掘り起こされた土の中から食べ物を捜す姿はかわいいけれど、きっと必死なはず・・・。梅の咲く頃、まだ寒さが残っている早春は、鳥たちにとって、食べ物がだんだん少なくなっていちばん厳しいときです。あと少し、頑張れば春が来ます。虫も動きます。あと少し・・・。でも、ジョウビタキは春にはいなくなってしまう。待ち遠しいような、寂しいような春の訪れです。

風の中のジョウビタキ

Fri.19.03.2010 6 comments
桜の開花が例年より10日も早いそうです。でも、ここではまだつぼみです。春は風が強い日があります。今日の風は北北西。まだ冬の冷たい風です。
ジョウビタキが来ました。うちの周りをナワバリにしている、いつもの女の子です。風に吹かれるとふわふわします。パンクなヘアスタイル。

風の日1

ひげじいさん♪

風の日2

ぶわっ!(笑)
ちょっと、遊ばないでくれる?
風の日3

・・・はい、失礼しました。

シジュウカラの決心

Sun.14.03.2010 10 comments
ヒマワリの種を出すようになったら、またスズメが押し寄せてすぐに無くなってしまいました。シジュウカラの視線の先には・・・
ヒマワリの種が、いよいよもう一つもないわ・・・
曲芸1

ヤマガラ用の落花生があります。でも・・・

曲芸2

上に載ってもくるくる回ってしまいます。
必至でぶら下がるシジュウカラ。

曲芸8

見ていると、ヤマガラのようにはがっちりホールドできないみたいです。必至でぶら下がっている感じ。

曲芸4

おっと、あぶない!!

曲芸5

むずかしいなぁ
曲芸6

落ちそうになると、近くの枝で一休み。でも、諦めません。またチャレンジします。こうして何度も何度もくりかえし、中身を食べることが出来ました。よかったね!

曲芸7

この子を見ていたら、一昨年、巣材に犬の毛を引っ張り出していた、
あのお嫁さんのがんばりを思い出してしまいました。
・・・もしや、あの時の?(笑)

わたしのこと、「ど根性お力(りき)」って呼んでくれていいわよ
曲芸3

シジュウカラが食べるなら、中身を出しておいてやりたくなりますが、そうすると、きっとまたスズメがみんな食べてしまうでしょうね。

マガモ3兄弟

Thu.11.03.2010 6 comments
もう3年も前から気になっているカモがおります。冬の間、ある池にいるのですが、いつも会えるわけではなく、でもたまに会えたときはいつも3羽が一緒になって行動しているのです。ブログで取り上げるのは小鳥だけのつもりで、これまでカモ類はあまり取り上げたことはありませんでしたが、女の子には目もくれず、いつも♂だけで連んでいる姿が面白かったので、撮影しておこうと思いました。
ところが、今年になって、なんと1羽増えているではありませんか?!

それっ、♪ぼっ、ぼっ、ぼくらはマガモ3兄弟~♪
・・・あれっ?

マガモ1

おまえ、誰だ?
僕も仲間に入れてよ

マガモ2

どーする??
仲間にするって言ったってなぁ・・・

マガモ3

ま、いっか、ついてくれば?
どうせ俺たち数なんて数えたことないしな~
♪ぼっ、ぼっ、ぼくらはマガモ3兄弟~(おまけつき)♪

マガモ4

いつも女の子達には目もくれません。まぁ、相手にもされていませんが・・・。これでいいのかな??
注:カモミールさんより、アイガモでは?というご指摘を頂きました

里山間伐

Mon.08.03.2010 6 comments
藪の刈り込みに続いて、里山の間伐が始まりました。毎日チェーンソウの音が響いて、鳥たちの姿がめっきり少なくなりました。雑木林は、これまでまったく手入れされていないので、ひょろひょろと育ったブナが密集しています。これでは木が育たないので、長い目で見れば、やはりすこし間引かないといけないのでしょう。
まず藪が刈られてしまうと、ウグイスやホオジロ、アオジが姿を消しました。帰りがけ、刈り取られた草のうえでモズを見ました。彼はナワバリを持っているので、動くことをためらっているのでしょうか。彼もまた激変してしまった環境に取り残されて、呆然としているように見えてしまいました。
ヤマガラの姿も無くなってしまいました。里山亭にも姿を現しません。ヤマガラは図々しくて大胆な小鳥だと思っていましたが、じつは自然環境にとても敏感な鳥なのかもしれないと思いました。2年前の工事での激減、そして今回の間伐。これでもうヤマガラには会えなくなってしまうのでしょうか・・・・・里山から小鳥の姿が全く消えてしまいました。

このところずっとこういう状態で、気落ちしていました。でも、ほんとうに鳥は消えたままなのか、これからどうなるのか、まったくわからない状態では、ブログにするのはためらわれました。そんななか、里山には通って、チェーンソウの音の中で、わずかに残ったヒヨドリやメジロ、群れからはぐれたコゲラ、シジュウカラなどの様子を見ていました。

そしてやっと今日、里山でエナガ、コゲラ、シジュウカラの群れに会いました。少し先ではヤマガラのこえもしました。足下に春の先がけをみつけました。

枯れ葉とすみれ

すみれ

林の鳥たちは戻りつつあるようです。でも、薮はなくなったままなので、ウグイスやホオジロたちは戻っていません。ルリビタキにも会えませんでした。それでも、久しぶりに鳥の声のある里山でした。エナガはもう営巣している頃でしょう。

エナガジャンプ

モズも、元の所に帰っていました。すぐ近くには♂のモズもいましたが、追い払うようすはありません。

春のモズ

シジュウカラのペアもたくさんいました。どの子も誇らしげに、梢でさえずっていました。

たからかにさえずるシジュウカラ

里山の姿は変わりましたが、このフィールドをこれからも見守っていくつもりです。

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。