週間天気
ブログ村
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルまで忘れてる(汗)

Mon.24.05.2010 10 comments
今週いっぱいまで、またイベントがらみでブログがお留守になりがちです。
外は冷たい雨・・・。ひなを育てている小鳥たちは虫をみつけることができるのでしょうか。今シーズンは厳しいに違いありません。毎日、庭のすももにスズメ一家がやってきます。シジュウカラもさえずっていきます。虫を見つけにくい今、ちっとも実の成らないスモモの木でも、そこにつく虫が小鳥を養ってくれると思うと嬉しくなりました。スモモの木も小鳥に助けられて相身互い。雨の中、緑がいっそう鮮やかです。
「こいつらはいいよなぁ、冷たい雨にも当たらず、食べ物にも困らず」
と、みん兄ちゃんが文鳥たちを見て言います。それが文鳥たちにとって幸せなのかはわかりませんが、事実です。相変わらず巣の材料を探す毎日を眺めて、幸せなのは見ている人間です。

これがよさそうです
これがよさそうです

よいしょっと
よいしょっと・・・

あれ?これ以上持てません
これ以上持てません

どれ、あたしにかしてごらんなさい!!
すみません
あたしにかしてごらんなさいッ! すみません・・・

ど、どうしてそこで謝るんだゴマ吉、がんばれっ!!←いちばん無責任な人間。


スポンサーサイト

エナガの待ち合わせ

Mon.17.05.2010 4 comments
おかあさん、まだかなぁ
まだかなぁ?

待ってる間に・・・
おかあさん

身だしなみ
待っている間に身だしなみ

ん??
ん?


天候が不順だったこの春、小鳥たちの子育てはたいへんだったのではないかと思います。それでも、若葉が繁って、それに守られているようかのようなひなたちを、あちこちで見かけるとほっとします。この子はしばらくおかあさんからはぐれていたのに、ゆうゆうと羽繕いをしていました。このあとおかあさんが来て、一緒に飛んでいきました。
この地方にしかない、通称なんじゃもんじゃの木。いまが花盛り。雪を被ったように見えます。

なんじゃもんじゃ


カワラヒワの待ち合わせ

Sat.15.05.2010 4 comments
まだかなぁ・・・
遅いなぁ

待った?
ごめんごめん、待った?

今日のデートはレストランたんぽぽです
レストランたんぽぽ

初夏の強風を、「青嵐」(あおあらし)というそうです。また、このころの冷え込みを「若葉冷え」とも言うそうです。この日もそんな一日。
カワラヒワが思いのほか美しくさえずるので、聞き惚れてしまいました。

しろ奥様のイケナイ遊び

Fri.07.05.2010 6 comments
春なので、放鳥すると、巣になる場所探しと巣材集めに奔走する2羽。何かの隙間がねらい目です。

ここはどうでしょうか

こっちのほうがよさそう

あっ、こ、これはね、巣になる場所を探しやすくしているんですよ。決して散らかっているわけじゃないんですよ~(汗)←んなわけあるか!!

ん?しろ、最近よくそこにいるけど何?・・・と思ったら、あ~っ!こら!!
素焼きの塩ポットからしみ出した塩を食べているのでした。隣のペッパーミルのコショウも狙ってる??
たいへんたいへん。あわててカバーしました。

なによコレッ!?おいしいものが食べられないじゃないのッ!!

ゴマ吉は焼き魚の皮ねらいでした。やはり台所に文鳥を入れてはいけませんね。

握りゴマ吉

Tue.04.05.2010 6 comments
ゴマ吉は荒鳥の成鳥でうちにきて6年になりますが、これまでたいへん用心深く、かごの外で油断をするということがありませんでした。しろがパソコンディスプレイの上で寝こけていても、けっして目をつぶらず、手のひらの気配に敏感で、爪切りするときはみん(娘)と二人がかりで捕まえると、ニワトリみたいな悲鳴を上げて大暴れするので、それはもうたいへんでした。
そのゴマ吉が、いつからでしょうか、かごの外でもうとうとするようになったのは・・・。トシをとったのか、気を許しすぎて油断しているのか・・・。後ろを向いているときにそっと手を出すと、信じられないことに、私でも何回かは握れてしまうのです。(撮影ができないので、写真はみん兄ちゃんに渡して握ってもらったときのものです)

ゴマ握り1

「ねえ、こうやって、ほっぺをぐりぐりしてやると、目を閉じて、気持ち良さそうにするんだよ」と、得意になってみんに見せたら、
「それはね、気持ちいいからじゃないの!捕まってすごく嫌なんだけど、身動きが取れないから、仕方なくそうしてるだけなの!」
と言われました。確かに、少しでも手をゆるめると、噛みついて逃げようとします。みんのほうが、ゴマ吉の気持ちをわかっている・・・?握って頬ずりしたら、やっぱり嫌なんだろうか?

ゴマ握り2

「ゴマ吉は慣れたといっても荒鳥なんだからね!おかんだって、大男に掴まれて逃げられなかったら、嫌でしょ?」
・・・それは嫌だけど・・・愛しいと思う気持ちは伝わらないのかなぁ。そう思いつつゴマ吉を見たら、やはりなんだか嫌がっているようにしか見えなくなりました。ちょっぴり哀しいです・・・。

ゴマ握り3

しろが近づいてきたので用心しています。しろは握られているゴマ吉を見ると、近寄ってきてなんと!突き回すのです!!←なんてやつだ!

ゴマ握り4

危ないので、放してやろうと、兄ちゃんが手を開きましたが、なぜかボーゼンとするゴマ吉。すぐに逃げないのも、やはりトシをとってしまったからなのかな。しかも、そのあと、すぐまた手にとまってくるのです。昔なら、翌日くらいまで用心して近寄らなかったのに・・・。
握れるようになったゴマ吉ですが、やはり、握らないでおいてやるのが一番良いようですね。

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。