週間天気
ブログ村
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲良し

Mon.27.09.2010 4 comments
サノスケが来てからもうすぐ2ヶ月になります。文鳥は相性にうるさい鳥なので、サノスケがしろと仲良くなるのか、犬猿の仲になるのかまったくわかりませんでした。まして、ペアになるということは考えていませんでした。よくて隣同士のかご、くらいに思っていたのです。
このごろは・・・放鳥するとしろのそばに行くようになりました。人間にとまることは出来ないので、しろがみんの所に行くと、椅子の背もたれでいつまでも待っています。

ここまで来なさい

いっしょに食べたり、

ほんとはあたしのものなの!!

かごの中でもくっつきあって過ごすことがおおくなりました。きゅうに冷え込みましたからね。

うとうと・・・

ときどきお互いの羽繕いなどもしているようです。(じつはつつきあっているだけかもしれない)
正直、ひとつのかごでこんなに共存できるとは思っていませんでした。(ホントに仲がいいのかどうかは、文鳥同士のことなのでわからない)

サノスケがよほど気の小さい文鳥だったのか、しろが人間には厳しいけど、じつは文鳥にはとても寛大であったのか、それとも2羽も続けて気の弱そうな文鳥を探し当てた世話人のファインプレイなのか、どうなのかはわかりませんが・・・。

スポンサーサイト

サノスケ強制水浴び

Wed.22.09.2010 6 comments
サノスケは生まれてから一度も水浴びをしたことがないのでしょうか。売られている文鳥がどういうふうに育てられるのかわかりませんが、どうもそういうことがあり得るのではないかと思っています。
ゴマ吉は3週間くらいで、となりのしろの水浴びを見てはじめました。サノスケはしろと一緒に暮らしているので状況が違いますが・・・。しろが入っているバードバスは自分が入ってはいけないと思っているのかもしれません。つぼ巣も覗き込んだりはしていますが、やはりしろのものだと思っているのか、入ろうとはしません。
文鳥は水浴びが大好きだと思いこんでいたので(まだたったの3羽目ではありますが)水浴びしない文鳥に出会って驚いています。
そこで、サノスケの衛生状態を心配するというより(きちんと羽繕いしているので、本当はその点心配ないと思う)飼い主の勝手(押さえきれない好奇心)で水浴びをさせてみることにしました。
まず、サノスケを別かごに移します。それからおもむろにじょうろで水をかけてみます。

・・・・・

・・・結果。
細くなってなすがままに濡れているだけ・・・・。
えっ?!羽をばたつかせるとか、いやだから逃げるとかもなし?!

何するのよッ!!
なにするのよッ!!

しろさんは・・・・たいへん気に入らなかったようで、お怒りなのですぐに中止しました。

ぶるぶる・・・

サノスケもすぐにかごに戻しました。
すぐにしろにぴったりくっついて、ぶるぶるっとはじめて・・・
そのあと長いこと羽繕いをしていました。
サノスケの胸中はどんなものだったのでしょうか・・・。

迷惑だったに決まってるッス!!
迷惑だったに決まってるッス!!

たのむから・・・

Sun.19.09.2010 8 comments
サノスケは、しろともだいぶ仲良くなり、いっしょに餌を食べ、いっしょに羽繕いをし、しろがつぼ巣に入ってしまうと隣でずっと待っている・・・。のに!!1ヶ月以上たった今も、お風呂に入ってくれません(泣)しろがバードバスに入るたびに、こんなにじ~~っと見ているのですがねぇ・・・。

覗くサノスケ

ところで、あなたは、生まれてから9ヶ月風呂に入っていない文鳥のにおいを嗅いだことがありますか?
みんは放鳥のたびにサノスケを捕まえてかごに戻します。何回目かの時、フト、何気なくサノスケを鼻に近づけたのですが・・・
「臭っ!!」
とのけぞりました。
ええっ??どんなの?
「・・・うわっ!臭っ!!」
「指にバンドエイドつけっぱなしで3日間居たときみたいなにおいがする・・・」
「ヨーグルトがかる~く腐ったようなにおいじゃないかな?」
などと、臭い談義に花が咲いてしまいました。ここまで読んでくださった方、尾籠(びろう)な話ですみません。

文鳥のひなは生まれてから1ヶ月くらい水浴びしない(させない)ので、甘酸っぱいような独特のにおいがするのですが、サノスケのはそれを遙かに超えています・・・。姿はこんなにかわいいのに(泣)どうやったら風呂に入ってくれるのやら。とりあえず放鳥の時、器に水を入れておくことにしましょうか。

放鳥の一夜

Wed.15.09.2010 2 comments
サノスケがエサ替えなどのとき、隙をついて脱走するたびに、吹き抜けを越えて2階に飛んでいってしまう「上昇志向」に手を焼いていました。そこで、夜になるのを待って放鳥実験を行いました。
はじめは、まずかごから出るまで長いこと迷っていました。やっと出てもパニックになって「ここはどこ?!僕は誰?」状態。壁にぶつかったりして危険でしたが、正式放鳥2回目は落ち着いてきました。いざというとき真っ暗にして捕まえることが出来るように、夜の放鳥です。フラッシュを嫌うので、ブレながら(汗)かごの外で至近距離から撮ったサノスケ。真っ黒なしっぽが新鮮に映ります。

外のサノスケ

吹き抜けなので、2階がまったくの暗闇というわけにはいかないのですが、サノスケは期待通り上には行かず、リビングだけを飛び回りました。
なんか羽の音がヘン??べべべべ・・という音を立てて飛ぶのです。羽を切られているのかと思いましたが、そうではなく、飛ぶのに慣れていないのではないかと思いました。ゴマ吉もそうだったような・・・。

なにをオタオタしてるの?


落ち着いて羽繕いでもしたら?
落ち着いて羽繕いでもしたら?

・・・そうっスね
そうっスね

緊張しているのか、武者ぶるいなのか、何度も「ぶわっ」を繰り返していました。
30分ほど出してからサノスケの位置を確認し、電灯のスイッチを切って真っ暗にして、みんがさっと捕まえました。ゴマ吉の時より慣れたものです。

しろの換羽

Mon.13.09.2010 8 comments
ようやく終わりかけたと思った頃、突然しろが止まり木から落ちました。あしの力がなく、開口呼吸、息もはずんでいます。これは大変!!ゴマ吉のこともあります。あわててサノスケと別かごにし、ヒーターを入れ、つぼ巣もセットして、なんとか無事一晩過ごしました。このときはまだ気がつかなかった・・・・。

翌日、動物病院へ行きました。しろは昨夜よりやや元気になっています。でも、体重を量ったら22グラム!!「おなかのなかに食べ物が入ってないよ」とのこと。なんと!昨日からエサを十分に食べていない?!!「今日一日、もし食べられないと危ないからね」ということで、栄養剤投与。しばらくして、玄米をもらってその場で食べさせたら5粒ほど食べたのでひと安心。心配だった、肝臓の病気もないそうです。

この日から体重チェックするしろ奥様。ようやく24グラムに戻ってひと安心。
体重測定

原因は、換羽です。これまで換羽の時は卵の黄身や煮干しなどをたべさせていたのですが、このところ、卵の黄身係だったみん兄ちゃんが、あまり食べていなかったと証言しました。しろが食べないということに、もっと早く気づいていれば・・・。クーラーもかかっていたし、もっと気をつけなければいけなかった。ゴマ吉のことがあったばかりなのに、こんどはしろを危ない目にあわせてしまいました。もう高齢なので、換羽の時は気をつけなくてはいけません。ネクトンを与えていたので安心してしまったのもいけなかったようです。

玄米、カナリーシード、アワタマなど、を手ずから食べさせる日々。
ほら、食べなさい

「きゃるる!!」元気になってきたので攻撃されています。よかった・・・・って、よくねえよ!!!痛い・・・(泣)
ちがう、それじゃないでしょ!!

じつは、このとき、サノスケのおなかもからっぽに近くて、しろと離れてからほとんどエサを食べていなかったらしいことがわかりました。(サノスケもついでに健康診断してもらおうと、一緒に獣医の所に連れて行ったのです)しろは別かごのレイアウトが悪くてエサを食べにくかったこともありましたが、なぜサノスケが??家に帰って、またしろと一緒になったら、いつもどおりに食べていましたが・・・。

フツーに食べてるッスけど・・・なう
フツーに食べてるッス・・・なう

2羽の関係

Fri.10.09.2010 2 comments
サノスケはこの頃、夜になるとしろと向かい合って、ぴちゅぴちゅとなにごとか、長いこと話しかけています。しろはシカトなんですが、嫌がって逃げるというほどでもありません。うっとおしそうではありますが・・・。

おねえさんおねえさんあのねあのね・・・
あんたさっきから何言ってるのよ
「おねえさんおねえさんあのね・・・」「あんたさっきから何言ってるのよ」


サノスケは左奥、しろは手前という定位置もだんだん崩れてきて、サノスケが下のえさ入れに来ることが多くなりました。しろが追い払うこともありますが、サノスケがしろを突くこともあります。しろが弱ってくると、サノスケが優位になってしろを攻撃することも考えられるので、目が離せません。
だからといって、別々のかごに分ける、というほど険悪でもありません。しろが換羽で体力が落ちているので、今だけのことかと思い、様子をみています。

サノスケがうるさくしてもしろがゆっくり休めるよう、またストレス回避になるかもしれないと思い、つぼ巣を入れました。サノスケは見向きもしないので、しろの隠れ家です。時々入って休んでいます。


道は遠い

Mon.06.09.2010 2 comments
9月になっても毎日猛暑の日々です。雨がないので夜になっても地表の温度が下がらず、日に日に体感温度が上がってゆく感じがします。朝室温が30度を越えた時点でクーラーをつけますが、今日は8時より前に到達してしまいました。設定温度は28度。文鳥かごは部屋の中でも冷える位置なので、アクリル板で風を防ぐだけでなく、ヒーターもつけておくというややこしさ。しろが水浴びした後、冷えないようにと思ってつけてあります。もうトシなので、冷えるのが心配です。←人ごとではない。
しろは水浴び大好きなので、一年中浴びています。でも、クーラーの中では回数も減っているようです。蒸し暑いキッチンでは、手風呂を所望されます。
サノスケは毎日見ているのですが、なかなかバードバスに入ってくれません。

あんた、よく見てなさいよッ!
あんた、よく見てなさいよッ!

ちょっと、どこ見てるのよッ?!
ちょっと、どこ見てるのよッ?!

・・・ちゃんと見てるッス・・・
・・・ちゃんと見てるッス・・・

こんどはあんたもやってごらん?
これ、うまそうッスね?
気持ちよかった~、あんたもやってごらん?

あたしをさしおいて食べるなんて100年早いのよッ!!
あたしをさしおいて食べるなんて100年早いのよッ!!

サノスケが水浴びするのは秋風が吹く頃になるかもしれません・・・。

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。