週間天気
ブログ村
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかはし小鳥店

Wed.26.09.2012 6 comments
長女の引っ越しがせまってきました。文鳥のおかげで、暗い療養生活を送らずにすみました。昨年の夏、長女がネット検索で探し当てた、私も知らなかった大垣の「たかはし小鳥店」さん。こちらからジジ・ププをお迎えすることができたおかげだと思っております。ひなのときしっかり育てていただいたおかげで、健康そのものです。

その長女、ある日の午後にいきなり
「たかはし小鳥店行きたい」と言いました。
ジジ・ププをお迎えして1年、長女は、ほんとうはまた文鳥のひなに挿し餌をしたいのですが、これから引っ越しして、そのあとは仕事に行かなければならないので、もうこれ以上数を増やすことはできません。その前に、飼育用品の買い物がてら、最後にひなたちを見せていただくことができたら・・・と思ったようです。

我が家から国道21号線をひたすら西へ、およそ1時間。(ナビに入れるとちゃんとでてきました)懐かしい昭和の店構え。揖斐川が近いので、釣具も販売しています。外にあるのはインコのかごです。(色とりどりキレイだったのですが、興味がないので写してません・・・すみません。)

P1090789-2.jpg

店内はフィンチがいっぱい!珍しいチョコレート十姉妹や七色の鮮やかなコキンチョウもいます。(文鳥しか興味がないので、写してません・・・すみません。最新情報はたかはし小鳥店のブログで更新されておりますので、そちらをご覧下さい)

もう増やすことはできないので、買うことはできないのですが・・・とおことわりしましたが、こころよく文鳥のひなを見せていただきました。すべて弥富からきています。少なくなってしまった文鳥を分けてもらっているとのことでした。それを知る人は、遠くからも買いにくるそうです。「何でも聞いてね」と言って下さる奥様。初心者には心強いおことば。ここに来れば、文鳥のことならすべて揃うし、飼育のことも教えていただけます。

お待ちかねのひなたち!みんなとても元気です!

P1090780-2.jpg

一週間ごとにひなが入ってくるので、育ち具合はいろいろ。桜のひなはもうほとんどひとりだちですね。このころのかわいさがたまりません。(←ここでぐっとこらえる)

P1090782-2.jpg

奥様が挿し餌をして見せてくださいました。グリーンフードとアワタマを水に浸けたものを1センチくらい、「育て親」のスポイトに入れて、さっと、一瞬で食べさせます。それを何回か・・・あ~、こうやって食べさせるのね・・・。

P1090785-2.jpg

P1090786-2.jpg

待て・・・!ジジ・ププ、もっといっぱいスポイトに入れて、いちどに大量に突っ込んでなかったか??道理でえづいてたわけだよぅ~。ごめん!!ジジ・ププ。あ~、知らないって怖ろしい。よく無事に育ってくれたものです。・・・というか育ちすぎくらいです。

ひなに飢えている長女は、挿し餌の様子を見て、はあはあ言っておりました。写真の許可を頂きましたので、存分にご覧下さい。みんなたくさん食べて、おなかいっぱい。しあわせな時間。

P1090783-2.jpg

P1090787-2.jpg

誘惑と必死にたたかいながら、なんとか打ち勝って、餌と消耗品だけを買って帰りました。(うぅ・・・)
HOEIの新製品、粟穂や青菜を引っかける器具。洗濯ばさみより便利です。2個セットで200円。ジジ・ププたちと分けました。

ほかにも、文鳥が餌を蹴散らさない工夫を教えていただいたり、HOEIの、新しい飛び散り防止のえさ入れなども紹介していただきました。(買ってみたかったけど、入り口につけるタイプだったので、うちでは使わない)かごもHOEIのが、小型から大型までずらりと揃っています。
餌も、ご主人がブレンドして、袋詰めされたものを売っています。文鳥(フィンチ?)用ミックス、300円。うちのキッチン秤で計ったら670gでした。粟、稗、カナリーシードなど、単独に買うことも出来ます。
サノスケ、ロロさんの食いつきがとてもよかったです。(ジジ・ププは何でもよく食べるのでわからない)脱酸素剤を入れていないので、虫がわくかもしれないよ、と言われましたが、去年のヒマワリの種は、今のところ大丈夫です。あまり大量に買わないほうがいいかもしれません。

ほんとうはもっともっとひなたちを見ていたいけど、これ以上買い物をしないのに、あまりお邪魔してもいけません。名残惜しいけど、お店を出ました。長女はもう当分来ることは出来ないでしょう。

「私が子どもの頃って、商店街に金魚とか、ウサギ、うずら、小鳥なんかを売っている店があったよね。何でも知ってるおじさんやおばさんがいて、いろいろなこと教えてくれた。いまはそういう店が無くなって、子どもが小さな動物のいのちを身近に体験できないから、いじめなんかが起きるんじゃないかな・・・。」と、長女がしみじみ申しました。一つの意見ではあります。

扱っているのは小鳥だけですが、飼い鳥のことなら何でも知っているおじさんとおばさんがいる・・・たかはし小鳥店は、まさにそんなお店なのでした。

たかはし小鳥・釣具店

℡0584-78-5213
岐阜県 大垣市 西長町 5-1

※定休日 月曜日
※営業時間 AM9:00より


ご紹介させていただきましたが、ひやかし、興味本位で、用事もなく来店することは固くご遠慮下さい。
ご迷惑をおかけしたくないので、どうぞよろしくお願いいたします。


以上、固いことを言いましたが、じつはたかはし小鳥店さんにブログ掲載の許可を頂いておりません(汗)お電話した日が大垣市大雨警報発令中でした。避難の可能性もあったので、そのためお取り込みだったのか、またはお客さんが居たのか、お願いする前に電話が切れてしまったのです。以来、なんとなくかけにくくて、そのまま時間が経ってしまいました。まぁ、こんな弱小ブログだし、いいっか!と、UPしてしまいました。
しかも、長女の引っ越しが延びたので、また行くかもしれない・・・。
そのときにお詫びしてきます。


スポンサーサイト

乗鞍 その2

Tue.25.09.2012 0 comments
畳平の花も終わっています。チングルマの綿毛もわずかに残るだけ。

P1090866-2.jpg

イワギキョウがあちこちに、ひっそり咲いていました。

P1090829-2.jpg

トウヤクリンドウはこの状態です。蕾なのか終わったのかわかりません・・・たぶん、蕾?

P1090824-2.jpg

花畑を歩いていると、さっきから澄んだ笛のような声で鳴いていたのはヒガラでした。シジュウカラに似ているけれど、もっと小さくて、あたまの羽が立っています。針葉樹林帯にいる鳥なので、家の周りではあまり会うことがありませんから、久しぶりに会えて嬉しかった。近づいても逃げませんでした。遊んでくれてありがとう。

P1090867-2.jpg

べつにあなたと遊ぶつもりはありませんが なにか?
P1090869-2.jpg

失礼しました・・・。こっそり望遠で見るだけにします。

P1090871-3.jpg

突然足下から飛び出した鳥!居場所を確認してから通り過ぎ、そっと振り返って撮影したら、イワヒバリでした!

P1090881-2.jpg

保護色になっています。息を潜めて隠れているところなのだろうなぁ・・・・

P1090877-2.jpg

と思ったので、脅かさないようにそっと離れました。

P1090880-2.jpg

畳平から不動岳方向。紅葉がはじまっています。下から雲がどんどん登ってきて、このあと見えなくなりました。
今年は畳平の花畑縁のハイマツにもライチョウ親子がいたそうです。ここでも会えなかったなぁ。

P1090874-2.jpg

バス乗り場に戻ってきました。数台いた観光バスが上高地方向に行ってしまうと、ほとんど人がいません。

P1090888-2.jpg

奥に見えているのは恵比寿岳です。剣ヶ峰への登山道にはまだたくさんの人がいました。
今回会うことは出来ませんでしたが、乗鞍のライチョウは順調に増えているとのこと。マイカー規制や、立ち入り禁止区域の徹底などが功を奏しているようです。

ライチョウ情報を下さった売店のかた、ありがとうございました。ホシガラスをずっと狙っていらしたおじさま、おかげさまで私も写真を撮ることが出来ました。夢中で撮影していらしたので声をかけませんでしたが、ありがとうございました。ライチョウを撮影に来た若い女性とはすれ違ってお話ししましたが、あの方はライチョウに会えたかなぁ?
普段はこっそり鳥見する私ですが、今回はほかの方ともお話しできて楽しかったです。

参考文献

『乗鞍岳』小野木三郎 ほおずき書籍
『花の乗鞍岳』 田中豊雄 ほおずき書籍

小野木さんは岐阜県側の人で、自然観察指導員の長を務めるかた、田中さんは長野県側の人で、NHK長野放送局で信州の花シリーズを作った方です。花の名前を調べる参考にさせていただこうと思ったのですが、それ以上に乗鞍に愛着を持って書かれているので、読んでいて嬉しくなりました。花の姿も四季を通じた姿を追っているので、花のシーズンでないときに行った私にはとても参考になりました。

乗鞍 その1

Tue.25.09.2012 2 comments
ライチョウに遭いたくなったので、乗鞍に行きました。この時期の乗鞍は、高山植物がおわって、紅葉もまだはじまっていないという、観光には中途半端な時期です。そのため、純粋に登山をされるかたは登っていましたが、観光客は少ないのです。だからでしょうか、鳥を見に来ている人が目立ちました(笑)なるほど、鳥見にはまたとない時期といえそうです。
この日は12時の気温8度。天候は午前中晴れ。午後に麓から雲が上がってきて、曇りました。
鶴ヶ池から、つかの間見えた槍ヶ岳。

P1090823-2.jpg

大黒岳は、畳平から登って、30分ほどで山頂です。たったそれだけの登山なのに、やや息が切れます。2772メートルの高度を思い知りました。途中何度も立ち止まって気配を探りましたが、気配なし。ホシガラスやイワヒバリが飛ぶのを見ましたが、ライチョウは出ませんでした。
あちこちにコケモモが実っています。ライチョウの食べ物になるのでしょう。

P1090842-2.jpg

標高2700メートルの畳平では、ナナカマドも1メートルくらいの背丈しかありません。赤い実は秋を感じさせます。

P1090827-2.jpg

ミヤマダイコンソウの紅葉。

P1090837-2.jpg

畳平のはずれでは、ホシガラスがハイマツの実を取っては、地面に降りていました。もう、貯食しているのでしょうか。10月に入れば初冠雪もあるここなら、今から準備しても遅くないですね。(翌日、初霜が観察されたとニュースで見ました)

P1090847-2.jpg

P1090849-2.jpg

P1090850-3.jpg

P1090854-2.jpg

おちりが白いのね・・・
後編に続きます。

偵察隊2012

Fri.21.09.2012 4 comments
ようやく残暑も穏やかになってきました。夜になると一枚はおるくらい涼しくなり、朝の蝉も希になり、夜の虫がだんだん賑やかになってきました。
さて、そうなると、いよいよ文鳥食堂の準備です。何年かみていると、彼らは気候というより、カレンダーの通りに行動している。どんなに暑くても、9月にはいると冬場のテリトリーを見て回るようなのです。文鳥食堂も、シジュウカラが2~3羽来たり、またはヤマガラだったりしました。今年は、メジロが数羽、群れになって、毎日やってきます。群れで来るのは初めてです。

P1090799-2.jpg

虫だらけのすももはもちろん、なぜか、ナツメの実っている木に多くやってきます。ナツメは飛騨地方では良く植えられています。実は、甘くないりんごのような味で、茶色く実った実をうす甘く煮て食べます。ここに、なぜかメジロと、蜂が良く来ます。

P1090818-2.jpg

鳥にとっては甘いのでしょうかねぇ。左下にかじったようなあとがあります。ヒヨドリも来ているので、実を食べているのでしょうか??(メジロは囓らないと思う)

P1090820-2.jpg

今シーズンのメンバーは誰が、どれだけ来るのか、今から楽しみです。


『月刊文鳥』

Sat.15.09.2012 2 comments
発売日は15日です。などと・・・。
ながいことブログ放置してました・・・。訪問して下さったみなさま・・・

いつ来て頂いても同じ記事でごめんなさい!!

にもかかわらず、コメントをたくさんいただきまして、ありがとうございました。
コメントの書き込みをするので、完全な「放置」は免れた感があります(汗)
『週刊文鳥』も間に合わず、月刊になりつつありますが、今月はこれから長女の引っ越しがあるため、まだまだ落ち着きません。それでも、ツバメの群れやアマサギの移動なども通勤の行き帰りに目にしました。鳥は変わらすに営みを続けていますよね。最近は、通勤にもカメラを持って行きません。
すみません、こんなんでもブログ続けてます・・・。

サノスケも
P1090770-2.jpg

ロロさんも
P1090768-2.jpg

元気です。9月に入っても残暑がありますが、もうクーラーを使わないことにしたので、かごを元の位置に戻しました。まだまだ暑いと思うのですが、ぴったりくっついて寝ています。サノスケは、ロロにぎゅうぎゅう押されて、かごに張り付いています。

P1090776-2.jpg

かごの場所を移動したら、また外に出てこなくなってしまいました。この場所に慣れるまでまた何日かかかりそうです。

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。