週間天気
ブログ村
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の散歩はビンズイの羽繕い

Tue.30.04.2013 0 comments
今日が仕事最後という日。GWなので、この森も人が多いです。今年はキビタキが特に多いせいなのか、バードウォッチャーの姿が目立ちました。これまであまり見たことのなかった、大きな望遠レンズを抱えたひとが何人も来ています。どこかで情報が流れたのでしょうか??どこへ行っても人がいるので、ゆっくり鳥を見られません。
とうとう、双眼鏡を持ったひとに元気よく話しかけられて、鳥が逃げてしまいました(泣)

キビタキ方面は人が多いので、あきらめての帰り道、枝の上でくつろぐビンズイに逢いました。

P1110900-2.jpg

P1110901-2.jpg

それをぼーっと見上げているわたし・・・・。

P1110904-2.jpg

なんだか、ビンズイもほっとしているように見えたのは、私の思いこみでしょうか。

P1110905-2.jpg

のんびりして、いつまでも羽繕いしていました。ここで制限時間の30分終了、最後の散歩から帰りました。

とうとう最後までオオルリには逢えないまま、ここでの仕事が終わりました。それもなんだか自分らしいです。
仕事に未練はないけど、このフィールドとお別れするのは辛いです。でも、秋にプライベートで来れば、こんどは制限時間なし!なので、冬鳥のシーズンを楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーサイト

証拠写真の散歩

Fri.26.04.2013 6 comments
一年に、何日か、今日は最高!と思える日がありますが、今日はそのひとつ。外ではいろいろな鳥のこえがしています。・・・こんな日にどうして仕事・・・(泣)
でも、昼休みに外に出ました。制限時間30分!キビタキのこえがあっちからもこっちからも。例年通りの場所に、ちゃんときています。ひと安心。今年は去年より数が多いようです。昼休みの短い時間に、姿を見ることはめったにありません。でも・・・あっ、飛んだ。

P1110866-2.jpg

この木に・・・

P1110863-2.jpg

いましたけど、暗いです(泣)

P1110862-2.jpg

帰り道、松のてっぺんで羽繕いしているのは

P1110874-2.jpg

エナガのひなのようです。目が、赤いんですね。

P1110868-2.jpg

シロハラが、あっちからもこっちからも飛んで逃げました。シロハラの後ろ姿、白い羽が混ざってますか?もしかしたら、違う鳥かなぁ?
でも、この時期、のたのた地面を歩いてる大きな鳥って・・・シロハラしか思いつきませんが(笑)

4月いっぱいで、8年勤めた、ここでの仕事を辞めることになりました。
仕事はともかく(←オイ!)ここに来られなくなるのは、ちょっと未練が残ります。

換羽がすすむ その2

Wed.24.04.2013 2 comments
サノスケのその後をご心配いただきまして、恐縮です。
いまのところ、保温して、サプリメントを与えつつ様子を見ていますが、体重は24グラムになってしまいました(泣)しっぽ全部抜けました。バランスとりにくそうです。

P1110851-2.jpg

翼の羽もどんどん抜けて、目的地までたどりつけないことがありますが、それ以外はとくに変わったことはなし・・・。くちばしの色も悪くないです。換羽の症状だけなのかなぁ?
不安はまだそのままですが、病院へ行くまでの理由はないように思えます。

P1110854-2.jpg

ロロさんも24グラム。まん丸になって、サノスケと体格逆転。うるさいくらい元気です。

26日のサノスケさんです。元気がないぶん、手に乗せるとそのままにしています。なんちゃって手乗り文鳥になってくれました。座ってるのが気になりますが。

P1110877-2.jpg

そこにロロさんが(横取りしようと)やってきて、ふだんはありえないツーショットも実現しました。

P1110889-2.jpg

P1110891-2.jpg

サノスケがあまり反撃してこないので、拍子抜けしたようです。

換羽がすすむ

Fri.19.04.2013 2 comments
ロロの産卵がようやく終わったようです。体重は23グラムをキープ。見るからに太って、つやがよく、動きも元気になりました。

P1110821-2.jpg

一方、サノスケさんは、換羽がどんどん進んでいます。あいかわらずよく食べていますが、なんとなく元気がない。あまり動きません。飛び出すと、目的地まで届かずに落ちたり、一歩手前のものにしがみついたりします。飛び方もじつにぎこちなく、羽が少ないのか音もぱたぱたしています。

今日は私の頭にとまろうとしたのか、いきなり顔を蹴飛ばされました。(サノスケはソファに転落)
やれやれと拾い上げますが、あまり逃げることもなく、あっさり捕まってしまいます。・・・これはおかしいかも?換羽で元気がないだけなのか、それとも病気なのか??ときどきヒーターに近づくのも気になります。体重は25グラム。羽の抜けた分減っているだけとは思うのですが・・・。
一抹の不安は消えません。とりあえず保温、保温。

P1110824-2.jpg

しっぽはもう全部抜けそうです。

桜巡り その2

Thu.18.04.2013 0 comments
例によって小さいのでサムネイルをクリックしてご覧ください。

高山市、(飛騨)一ノ宮の臥龍桜が、ようやく満開になったので、でかけました。
17日のことでした。
せせらぎ街道の西ウレ峠では、気温3度。周囲の山はまだ冬景色。里におりると、ようやく早春の気配。それでも10度くらいです。風が強く、体感温度はとても寒かった~。カメラを持つ手が凍えます・・・。
なのに、満開に花を咲かせている、一之宮駅前のエドヒガンザクラ。春の遅いこの地方の人たちには、まさに特別の桜であることを感じさせます。

P1110840-2.jpg

鉄道が開通した記念に植えられて、樹齢90年の駅前桜、ソメイヨシノ。こちらも満開でした。

P1110841-2.jpg

河川敷に車を止め、駅方向へ。駐車場は無料です。でも、公園がどこだかわかりません。なんと、駅舎を通って、臥竜公園へ出るのだそうです。交通整理をしてくださっているかたたちが、教えてくださいました。どのかたもとても親切で、感じが良かったです。

竜が臥している姿といわれる、桜です。・・・竜に・・・見える・・かな?

P1110830-2.jpg

樹齢1100年の樹幹です。私には、こちらが竜みたいに見えました。

P1110838-2.jpg


ブログカテゴリ「であった野鳥」のために鳥を探します。(←なんじゃそりゃ)
メジロの群れが花の中にいるのですが、どこでしょう?ってくらい、紛れちゃってます(汗)
はい、ここ!!

P1110831-2.jpg

え?見えない・・・こ、ここです!右下に(どうにか)メジロ!!(滝汗)

P1110831-3_20130424130516.jpg

ヤマガラも。のんびりとしたさえずりが響きます。

P1110839-2.jpg

さぶさぶ~!! か、帰ろう・・・。

帰りに、せせらぎ街道にあるログハウスのカフェに立ち寄って、オーナーご夫婦と長々と話し込んでしまい、帰りつくのが夜になってしまいました・・・。

P1110690でごいち3

年を重ねるたびに、桜、それもソメイヨシノではなく、ヤマザクラやヒガンザクラが好きになります。観光地でないところにも見事な桜がたくさん見られます。思わず足を止めて見てしまいますね。

巣ごもり姿

Sat.13.04.2013 4 comments
卵を3個産んでいるロロさんです。卵はこのなかにないんだけど、暖めているつもりのこの姿。

P1110770-2.jpg

ただもう、かわいいから、UPしちゃいました。親バカですみません。
エナガやサンコウチョウも、こんなふうにすっぽり入って、しっぽをピンと立てて卵を暖めますね。

桜巡り

Fri.12.04.2013 2 comments
小さいので、サムネイルをクリックして見てくださいね。

ソメイヨシノは終わりつつありますが、山あいに咲く桜はまだ満開を保っています。
薄墨桜(うすずみざくら)は樹齢1500年ともいわれる、エドヒガンザクラです。ずっと岐阜に住んでいて、しかも車で1時間位でいけるのに、ここへきたのは長男の誕生日に、この場所でバースディ・寿司ケーキを食べて以来だから、20年以上来てなかったことになります(汗)平日、しかも朝早めに出たのに、観光バスがどんどんやってきます。駐車場には近県ばかりでなく、奈良や大阪ナンバーも。混み合ってきた頃に帰りました。

P1110730-2.jpg

人の姿と比べてみてください。圧倒されるおおきさでした。
先日の爆弾低気圧にもかかわらず、まだ満開でした。この桜は、つぼみの時は桃色がかっており、満開になると白、散り際に花心が灰色がかった色に変わるのだそうです。たしかに、満開の今、遠目からは真っ白に見えます。まだ散っていないので、墨色は見えませんでした。
樹齢1500年の桜に遊ぶシジュウカラ。なんて贅沢なことでしょう。

遊んでるんじゃないわよ!食べ物を探してるの!!
P1110722-2.jpg

・・・あ、もとい。桜の害虫を駆除してくれているシジュウカラさんでした。何度も枯れそうになっては、多くの人の尽力で蘇生してきた薄墨桜ですが、鳥たちも一役買ってくれたかもしれません。


岐阜市内には、中将姫誓願桜(ちゅうじょうひめせいがんざくら)があります。ここ以外には見つかっていないという、ヤマザクラの変種です。花びらが20~30枚もあるんですよ。こちらはすでに散り始めていました。樹齢は12000年といわれています。

P1110738-2.jpg

山桜の八重といっても、こんなふうに先がとがっているものは他に見たことがありません。プルヌス・フロリドラ・ミヨシという、固有の学名がついています。

P1110737-2.jpg

ここには鳥がいません。ずっと演歌が流れていました・・・^^;

P1110742-2.jpg

どちらも、曇り空だったので、色がいまひとつでしたが、私には最後のチャンスだったので、UPしました。
このほかに、荘川村の臥龍桜(がりゅうざくら)も樹齢1000年といわれています。今はまだつぼみの状態だそうです。これはまだ見たことがないので、これからぜひ行ってみたいと思っています。

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。