週間天気
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョウビタキの気持ち

Sun.21.03.2010 6 comments
一週間のうち、何日かは必ず雨が降るので庭仕事がなかなか出来ません。仕事が無くて、晴れた日は貴重です。朝から晩まで狭い庭のあちこちを掘り返します。
はっと気がつくと、目の前にジョウビタキのお嬢さん!!ほんの2メートルくらいの距離しかありません。だんだん・・・

発見

だんだん・・・近づいてきます。緊張すると細くなりますね。

だんだん近づいてくる

ときどき小さく「カカッ」と威嚇されますが、強くではありません。そっとカメラを取りに行き、戻ってきても、まだ近くにいます。遊んでくれるの?

そんな暇ないわよ
だんだん・・・

そうですよね、そんなはずはありません。土を耕したあとには虫が出るからです。あっというまに目の前に来て、クモを捕まえていきました。

クモ!!

こんどは1メートルくらいの距離まで来ています。座って様子を見ることにしました。ときどき虫を捕まえます。ミミズはあまりお気に召していないのかもしれませんが、このさい、贅沢は言っていられないようです。

ミミズ!!

どうする?まだ捜してみる?
どうしようかなぁ
首かしげて

何食わぬ顔・・・

何食わぬ顔

なによぅ、文句あるの?!
文句あるの?!

こんなちいさな小鳥ですが、虫を食べたことを覚えているのですね。こんな近くで、掘り起こされた土の中から食べ物を捜す姿はかわいいけれど、きっと必死なはず・・・。梅の咲く頃、まだ寒さが残っている早春は、鳥たちにとって、食べ物がだんだん少なくなっていちばん厳しいときです。あと少し、頑張れば春が来ます。虫も動きます。あと少し・・・。でも、ジョウビタキは春にはいなくなってしまう。待ち遠しいような、寂しいような春の訪れです。

« 文鳥温泉 - Home - 風の中のジョウビタキ »

- comments
6 comments
公園のジョビ子さんと近所のジョビ子さん
何の根拠もないですが・・・
わたしの、直感では、どちらも去年と同じ子だと思っています。
テリトリーが同じで、去年の写真の子とソックリだから。でもみんな、そっくりですが・・・(笑)
最近、あまり逢えないので、そろそろ旅支度の時期なのかもしれませんが
長旅には、体力が必要ですから、土中の虫さんは貴重なたんぱく質ですね。
いっそ、プランターで、小松菜でも育てましょうか?
まずはムラサキシキブを育てて、来期こそジョビ子さんをお招きしたいです~

minさんところのジョビ子さんは、かなり人馴れしてますね。
蒔き割りや土の掘り起こしとか、しっかりチェックするお利口さん。
毎年、こんな可愛いお嬢様がお庭に来てくれるなんて、ホントうらやましい限りですね(^^)v


ジョウビタキはつぶらな瞳がとっても可愛い~。
これだけ撮っても逃げないなんて、人馴れしてますね。
メジロやヤマガラもあまり人を恐がらないから、小鳥類は人馴れしやすいのかな?(スズメはやけに警戒心強いですが)
Re: 公園のジョビ子さんと近所のジョビ子さん
tooko36さん
公園とご自宅がどのくらい離れているかにもよりますが、100メートルくらいなら、きっとおなじ子だと思いますよ。
ジョウビタキ用の食べ物を常時提供しているわけではないので、毎日会えるわけではありませんでしたが、今シーズンはよく来てくれたので、たくさん写真が撮れました。私も来年用のムラサキシキブを手に入れましたよ~。またここへ戻ってきてくれたら提供できるので、旅の無事を祈りたいです。
Re: こんにちは
ぬまさん
スズメは人間にいちばん身近な小鳥のように言われますが、警戒心はとても強いと思います。長いこと人の傍で暮らしてきた結果、学んだのかも・・・。だとしたらちょっと寂しいですね。文鳥食堂でも、常連のメジロやシロハラは、スズメほど逃げません。ヤマガラなどは、慣れると人の手から食べ物を摂る野鳥もいるようですが、住宅地のなかではとても無理ですね。ジョウビタキもモズも、虫を食べによくやってきました。ちゃんと、こちらを威嚇するこえを出すので、フレンドリーには見えませんでしたが。
カワイイ!
こんなお嬢さんまでいらっしゃる食堂いいですね~(*^。^*)
女の子は近くでお目にかかったことはありません。
もうすぐ旅立ちのようですが、来季の営業でもご来店されるといいですね(^ ^♪
Re: カワイイ!
チビヤクさん
この子はだんだん大胆になって、私のすぐ足下まで虫を探しに来ました。カカッ!!とちいさく威嚇のこえを出すので、気が強いお嬢さんです。私もまさかこんな近くで見られるとは思っていませんでした。高倍率の望遠レンズが要らないので助かりますね(笑)
うちの近くにいるのはいつも♀なので、もし、来シーズンも会えたら同じ子だと思っています。それとも子孫なのかな??こんな小さな体で、長いこと旅して、子育てもしてまたここへ帰ってくるのだとしたら、すごいことですよね。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。