週間天気
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノスケ

Fri.06.08.2010 8 comments
「これ、かわいくない。オレが見た台湾のはもっと大きくて、つやつやして、真っ黒な頭がかわいかったのに・・・」
サノスケを見たみん兄ちゃんの感想です。たしかに、台湾産に比べると小振りに見えます。緊張して細くなっているのでなおさらですが。みん兄ちゃんが見たのは並文鳥に近い桜文鳥でした。くっきりした頬と真っ黒な頭を初めてじっくり見て、気に入っていたみん兄ちゃんは、白い羽があちこちに混ざっているサノスケが気に入らなかったようです。「あ~あ、またふりだしか。いつ慣れてくれることやら・・・」手乗り文鳥でないというところも・・・。

ゴマ吉も荒鳥でした。初めてゴマ吉を見たしろは、まだ生後半年のひなで「??」というかんじで、興味深そうに遠くからゴマ吉を見ていました。今、ゴマ吉の時とちがうのは、しろがサノスケを見て、一瞬で態度を変えたことでした。「!!」ですね。文鳥だということはわかっているのですから。「ねえ、誰?誰なのよッ?!」と、サノスケに近寄り、しきりにからだを動かして、明らかに興奮しています。サノスケはまだかごから出せないのですが、それでもとなりのかごにべつの文鳥がいる、という事実はしろを安心させたのでしょうか。人が視界から消えても、いつまでも鳴き騒ぐことがなくなりました。いまは、サノスケの存在は知っているけれど、距離を置いて見ています。人の所に来るときは相変わらずベタベタで女王様なのですが、どこか落ち着いているように見えます。仕事に行くときも、前より静かに送り出してくれます。・・・くたびれ果てた人間たち(約2名)は、とりあえず、胸をなで下ろしたのでした。

今のところは救世主?サノスケ。静岡県産、2010年1月生まれです。
前向き
サノスケです 2

後ろ向き
サノスケです 1

・・・ところでサノスケ、あんたは♂だよね?!そう書いてあるかごのなかにいたけど、ゴマ吉の時とちがって、ショップでさえずりを聞いたこともなく、家に来ても一度もさえずっていないんだけど?!だ、だいじょうぶかぁ~?

« 役に立たない?!実用書 - Home - 運命の文鳥? »

- comments
8 comments
初めまして♪
サノスケ君?初めまして♪
本当に緊張した顔していますね。
まだまだ若くて可愛い坊やという感じでしょうか(=^_^=)
この感じでは、ゴマ吉君同様しろちゃんの言いなりになってくれそうですね。
もう少し慣れたら、又ほのぼのツーショットが見れるような気がしてきました。
サノスケ君も救世主だけれど、ペットショップから救い出してあげたminさんは、サノスケ君の救世主だと思います(*^-^)
おひょっ!
サノスケちゃん登場ですね!!
お迎えおめでとうございます&サノスケちゃん、はじめまして。
女王様の反応は「!!」でしたか。お仲間と認めたのですね♪
ゴマ吉ちゃんとは違うことも。。ふむ・・文鳥はやはり賢いですね。
しろちゃんにしてみれば並みに近い子より白い挿し毛があったほうが
ゴマ吉ちゃんに近く感じられて安心かもしれませんよね。
えー・・その後いかがです?囀りは聞かれました??
確かに見方によっては女の子にも見えますね(^^ゞ
まぁ、隣のお友達ということでよろしいじゃございませんか♪
うちはその昔「カンキチ」という女の子もおりましたし
(だって男の子だと思ったんだもーん)
お名前は気にしませんことよ♪奥さまっ
かわいい♪
やっぱり桜でしたか~。そんな気がしてました^^
後先考えずにやっちまうminさんが私は好きですよ(笑)
サノスケくんすごく可愛いです。緊張からかオメメをまん丸にしてるところも♪
ゴマ吉くんオススメのサノスケ君ですし、きっとしろちゃんと仲良くなれますね。
うちも昔むかしペアの片方がお星様になって残された子が寂しいだろうと新しい子を連れてきたら、
相手を見るなりものすごく怒りましたからねー。
しろちゃんとサノスケくんの今後がとても楽しみです^^
Re: 初めまして♪
え~、まずはみなさま、お暑い中毎日コメントに訪れてくださいましてありがとうございました~。これからしばらくサノスケが慣れるまで見守りたいと思うので(というか、仕事が詰まってる~)しばらく更新が滞るかもしれません。

・・・というところで、 ハミリンさんへ
そうなのです!サノスケを選んだポイントはまず、「気が強そうではないこと」でした!さすがハミリンさん。しろはわがままいっぱいの手乗りですからね、気の強い♂ではやっていけそうにないと思ったんです。でも、この子は写真をよく見てもらうとわかりますが、右あしのゆびが半分欠損しているんです。でも、ほかに病気らしいところはみあたらないと判断して、この子に決めました。ペットショップから救い出したかどうかわかりませんが、栄養状態もあまり良くなかったと思うので、これからは、安心して暮らして欲しいと思っています。
Re: おひょっ!
かあちんさん
かあちんさんをお待たせしてはいけない・・・と思って初・お目見えだけは果たしておきましてござります(笑)サノスケのいたかごにはですね、「静岡県産」「オス」「2010年1月生」とまあ、書いてあったのです。ところが、最近は誓約書みたいな紙を渡されて、署名するんですね。そこには「台湾産」と書いてあったんです。もちろん間違いでしたが。そんなうかつなショップですから、♂♀間違えても不思議ではないです。
いまだにさえずりませんが、鳴き方はゴマ吉に似ています。♀文鳥の方がけたたましく鳴きませんか??私としては、もうどっちでもいいんですが。サノスケが女の子だったら、「おサノちゃん」とかにすればいいもん・・・。
Re: かわいい♪
*hikaru*さん
えへ~、可愛いと言ってもらうと嬉しいです。(←もう親がバカ)ほんとはね、みん兄ちゃんは最初、「絶対にゴマ吉みたいなごま塩文鳥でないと嫌だ!!」と言い張ったんです(笑)バカですね~。そう都合良くごま塩文鳥、売ってるわけ無いでしょ!!私は、とりあえず桜文鳥にしようと決めていました。あの、ほっぺたがくっきりしている顔、かわいいです。ゴマ吉の顔は、右向きと左向きでマユゲに見える黒い羽が上がったり下がったりしていて、・・・かわいいというより、どっちかというとおもしろかったですうっ・・・肩のゴマ吉がにらんでる・・・ごめんよぅ~・・・。
文鳥の相性は、とにかく難しいですからね、私もゴマ吉の時みたいに、ひとつのかごで、とはもう思っていません。一緒に放鳥できたらいいな、と思うくらいです。
もしかして
さのすけさんのすけはたぶん助っ人の意味もあるのかと、ふと思いました。
ちょっとビビリくんのような風情も愛嬌があって可愛いですね。
みん兄ちゃんは、これで、ようやくしろさんから開放されるのかも^^?

直感で、見初められたということは間違いなく運命です。
しかも、ゴマ吉さんが肩に乗って操られたなら、太鼓判を押されたようなものですね。
何となく雰囲気が似ているということはきっと癒し系文鳥さんだと思います。
別カゴでゆっくりとスキンシップをとっていくうち、手乗りちゃんになる可能性も大ですね。

ところで、最近なぜか、しろさんのキャラとアンパンマンに出てくるドキンちゃんが重なりました。
何だか、性格が似ているような気が・・・しませんか^^?


Re: もしかして
tooko36さん
サノスケは動きがとても速かったので、忍者みたいと思って、最初サスケにしました。でも、ちょっとゆるめにサノスケに換えたのです。そうしたら、『忍者サノスケじいさん』という児童文学があるの。日本中を旅して廻るじいさん忍者の話で、子供に人気です。まるで文鳥と関係はありませんが、ちょっとあたまのなかをかすめたかもしれません。
文鳥との出会いは思いこみから(笑)これしかない、って、思っちゃうんです。あと先何にも考えずに・・・。ゴマ吉の時は相当考えたんですけど、誘惑に勝てませんでした。サノスケは、しろのべったりにへとへとだったから、こいつがいてくれたら・・・と、つい思ってしまったんですね。仕事が続いても少しは気が紛れるようなので、たしかに今のところはありがたい助っ人です。まだまだ、慣れてくれるには時間がかかりそうですが。

アンパンマンは子供たちが小さかった頃、テレビを見ていた記憶がありますが、ほとんど覚えていません(汗)女王様キャラなのですか~。しろはおなじ女王様でも、かなりのおばあさんですから、こんなにかわいくないでしょうけど(笑)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。