週間天気
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノスケの日々

Sun.15.08.2010 6 comments
連れてきた日に、かごへ移し損ねてタモアミでつかまえる羽目に陥り(みんがいなかったのでひとりで実行したため)そのあと、夜になるまでエサも水も口にしなかったサノスケ。はじめはムキエサしか食べませんでした。やがて、殻付きを食べるようになり、今は豆苗を大好きになってくれて、口の周りはいつも青くなっています。でも、豆苗を取り替えようと、かごのなかに手を入れると、パニックになってたいへんです。

みんが2週間の夏期講習から戻ってきました。サノスケのことはないしょにしてありました。「あれ?桜文鳥だ!!かわいい~~!!」というのが第一声。とても嬉しそうです。(怒られなくてよかった~・・・って、どっちが親やねん!!)背中がグレーなのも、あたまとしっぽが真っ黒なのも、新鮮らしいです。「ゴマ吉はあたまの羽を立ててるのが癖みたいだったけど、この子もぶわっとするね」「かわいい、かわいい!!」ともう大喜びでした。
かごのなかでややリラックスするようになったサノスケ。ときどきモチになっていることもあります。

なんか用スか?
なにしてるンすか?

殻付きのエサをよく食べるようになりました。

メシ、うまいっす!
メシ、うまいっす!

みんは高校生になりました。自分の進む道も決め、することがやまほどあります。文鳥の世話は一生懸命してくれるけれど、それも出来ないときが多くなり、飼育は母親である「世話人」の手にゆだねられる事が多くなってきました。今、みんにとっての文鳥は、家族の一員。でも、こどものときのように、つきっきりで遊ぶ相手ではなくなってきています。みんは自分の人生に忙しくなってきました。もう子供時代を終えようとしています。

いちどは、みんも大きくなったし、しろと一緒に、再び巡ってきた手乗り文鳥の楽しみをまたあじわって、そのあとのことはまた考えよう・・・と思ったこともありました。でも、仕事があり、しろとべったりの毎日を続けられる状況でなかったので、また手乗り文鳥との蜜月に戻ることは諦めてしまいました。
文鳥がいなくなったらそのときもそれなりに生きてゆけるでしょうけれど、文鳥のいる人生の方が、今の自分にとっては楽しいと思っています。

となりのやつ、ちょっとうるさいわね
となりのやつ、うるさいわね

しろの位置は、左端。サノスケいつもは右端にいます。お互いの存在は認めているようですが・・・。

もうすこし静かにしてくれないかしら?
もうすこし静かにしてくれないかしら?


サノスケはかご掃除の時にまたもや脱出。飛び回った挙げ句家具の隙間に落ちてしまい、みんと、みん兄ちゃん、世話人が3人がかりで救出、やっとかごに戻しました・・・。
荒鳥のサノスケとの毎日は、まだサノスケのほうがドキドキする事が多いようです。

« 学習 - Home - 役に立たない?!実用書 »

- comments
6 comments
みんちゃんが一人立ちしていくにつれて
minさんはちょっとだけさみしくなっていきますね。
サノスケちゃんとの新しい日々の始まりが、一読者の
私ですが、なんだかドキドキしております^^
こんにちは^^
やや、脱走癖がついたサノスケさんは、豆苗好きなんですね。
もしや葉っぱを豪快にバリバリ食べてるんでしょうか?
ウチの桜文さんは何故か葉は食べず、茎をカミカミして青汁を吸うのです(^^;)
以前、メスは茎好みなのかもしれないなんて読んだことがあるのですが、しろさんはいかがでしょう?

よく見ると、さのすけさんのアタマには小さいハート模様があるみたいで可愛いですね。
わたしも、今後の展開にドキドキしています~(^^)ヾ





荒鳥
ちょうど荒鳥の話を書いているので、サノスケさんの行動に興味津々です。
参考にさせていただきます。ふふふ。
Re: ずっとずっと・・・
kururuさん
見守っていてくださってありがとうございます。ほんとうに、しろがまだひなの頃から、もうずっと・・・。みんは小学5年生くらいのときに、精神的に自立したんだ、もう親は一歩引かなくてはいけないんだ、と思いました。だから、文鳥に慰められていたのは、きっと、私のほうだったんですね・・・しみじみ。
サノスケはまだびくびくしています。ゴマ吉の時はどうだったかなぁ?と思い、楽天ブログを見てみますが、ろくなことを書いていなかったので、ぜんぜん参考になりませんでした。なんのためのブログだったのか・・・(がっくり)
Re: こんにちは^^
tooko36さん
サノスケは、するっとほそ~くなって隙間から逃げるのが得意です。動きも速い!(世話人がトシとって余計そう思うのかもしれませんが)吹き抜けを天井まで飛んでしまうので手が出ません。しばらくは放っておきますが、いつまでもそうしているわけにもいかず、腰をあげます。初列風切り羽をいくつか切るという手もあるようですが、不器用なのでとても無理です。追い回して激突しないように、気をつけながら捕まえます。昼間はタモアミで捉えるしかありません。しばらくはかごのなかなので、さしたる展開はなさそうです。
豆苗は半分から上がぜんぶなくなっているので、葉も茎も食べているようです。しろはちぎって下に落とします。コラッ!!
Re: 荒鳥
ナカムラさん
えっ?荒鳥の?!ど、どんなお話なんだろう?!!わくわく・・・。
どうやって放鳥デビューさせようか思案中ですが、しばらくは忙しいので難しいです。健康診断も、まだ動物病院に行くのが辛くて、していないので、しろと一緒にすることも出来ません。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。