週間天気
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵の大事件!

Sat.12.02.2011 14 comments
「卵がある!!!」みん兄ちゃんの叫びに、みんと私が駆けつけました。
つぼ巣のなかにぽつんと・・・・。

ぼんやりと・・・

「しろが産んだんだろ?」
「そうとは限らない。サノスケが♀だったという証かもしれない」
「いや、サノスケはさえずってないけど、ピョンピョンダンスはしていた」
「しろはもう6歳だよ?このところずっと産んだことないし、それに、こんなにしっかりした卵、産めると思う?」
・・・などなど、しばし推理に熱が入りました。
「で、有精卵なの?」
もしそうなら、しろが産んだという証拠になりますが、残念ながら無精卵です。

無精卵

卵は毎日ひとつずつ増えていき、今は3個です。う~ん、いったいどっちが??

3個

少し前から、サノスケがつぼ巣に入りたそうにしていましたが、最近になって、ついに入り込むようになりました。しろはじぶんが入るときは追い出していましたが、そのうち、サノスケが入っていても追い払わないことも増えてきました。つぼ巣のなかでサノスケがキュウキュウと相手を誘う声を出していたこともあります。
一緒につぼ巣に入るくらい仲良くなったけれど、ゴマ吉とペアだったときとは様子がちがっています・・・・。
そこでみんがとどめの証拠を出してきました。
「サノスケの体重は28g、しろは23gだったよ。サノスケのお腹に卵が入っているとしか考えられない」

えええ~!!!

サノスケが♀だったってこと?!
どどどどうしよう?!!
「とりあえずカルシウムを食べさせなきゃ」
そ、そうそう、そうだね・・いやその、

そういうことじゃなくて!!

「取り乱してもしょうがないでしょ?・・・名前、どうするの?女の子なのにこのままサノスケじゃかわいそうだよね」
「た・・・たまことか?」
「見たまんまやんか!!」
インフルエンザのため熱でぼうっとしていても、どこまでも(少なくとも世話人よりははるかに)聡明なみんであった。
で、どどどどうしよう・・・そうだ、とりあえず、皆さん、サノスケが来てから今日までの文鳥ブログは

・・・・無かったことにしてください。

・・・というわけにもいかないしなぁ。


« 卵の大事件 その2 - Home - 鳥と人の物語 »

- comments
14 comments
しろちゃんに親友ができたってことですかね?
でも誰を思ってのタマゴなんでしょう。
サノスケちゃん、いいお名前じゃないですか(笑)
Re: ショックです・・・
kururuさん
私としては、卵詰まりなどおこさなければ、サノスケが女の子でもちっともかまわないのですが、あれだけハッキリ♂文鳥と書いて売られていたのに!!というショップへの憤りもあります。
でも、冷静に考えたら、しろが高齢なので、若い♂文鳥ではかわいそうだったかな、とも思います。お相手の居ない、手乗りでもないサノスケが、誰を思って卵を産んだのかを思うとかわいそうですが、あしの指が欠損しているので、ペアのお相手を探すのも、不安があります。
とにかくまぁ、ブログ的には、これまでの経緯が困るわけです・・・。(困)
今日は無事4個目を産んでいました。カルシウムとして与えた卵の殻を元気にバリバリ食べています。さすがにサノスケとは呼べなくなってしまったので、とりあえず「サノちゃん」になっています。
急展開!
サノスケさんメス疑惑ですか。
ドキドキしますね~。
わたしの知人は飼っている文鳥さんをすっかりオスだと思い込んでいて、ブログで文鳥さんに「オレ」なんて言わせていましたが、メスだと分かった途端主語が「あたち」になりました。
まぁよくあることです(笑)。
タマゴは心配だけど性別が判明したことは良かったですね。
○○っスっていう話し方が急にギャル言葉に思えてきました(笑)
名前は急に変えにくいと思うので近いところで「オサノさん」とかどうでしょう?(>▽<)アハハ
ビックリですが
初卵なのに順調に、4個目とは安産で良かったですね。
いったい誰を思って・・・というよりも、つぼ巣+本能で産卵したのではないかと思うのです。
うちは、つぼ巣を怖がって入らなかったおかげで1度も産まないのですが
大き目のポケットの中でよくキューキュー鳴いています~^^;

それにしてもみんちゃん、論より証拠で体重量るなんて賢いですね♪
全部産み終わったら、サノちゃんは、あたためるんでしょうか?
すごく気になります。
!!!!!
・・・うむ。今までのブログは見なかったことにしよう(笑)

いや~ビックリな展開ですね。
文鳥の知識は全くないのでわからないんですが、
こんな風にいきなり卵を産んじゃうもんなんですか?
まぁでも、健康に問題ないようで一安心。
ちなみにこの後、卵はどうするんですか??
オスは歌うので、大人文鳥なら性別は絶対わかるはずと、いままで思い込んでおりましたので、この展開に驚き桃の木でございます。
大人になっても性別ってわからないものなのですね。勉強になりました。
サノちゃんが卵詰まりせず、元気でいられますように。
しろさんはどういう気持ちなのかも気になるところです。
Re: 急展開!
ナカムラさん
他の人のところではそういうこともあるんだ、なんて人ごとだと思っていましたが、当事者になってみると冗談じゃないぞコラ!!・・・というのが本音です。
鳥を擬人化してネタを作ったりしていると、あとから、・・・あのときはそうだったのか、と思うことがよくありましたけど・・・たしかにことばは取り返しがつきません(泣笑)文鳥自身は自然の摂理にしたがって、淡々と必然的な行動をとっているだけだから、そういうことが起こるのですよね。・・・いつまでたっても初心者のままです(汗)
Re:ギャル?!
hikaru+ さん
そうなんですよ、今さらほかの名前を呼ぶのもおかしいし、「サノちん」とか「おサノさん」なんていってごまかしています。
「・・・ッス」って、ギャルですか(笑)私は暴走族の女の子のように思えてきました(汗)そういえばみんの姉ちゃんも言ってたような気がする・・・。今時の若い女の子はそうなんスかね?
Re: ビックリですが
tooko36さん
卵は5個になりました。今日の様子ではまだ産みそうな気配です。部屋が暖かいのと、卵の黄身をみん兄ちゃんにもらっていたのがさいわいしたようで、おかげさまで元気です。カルシウムの卵の殻もバリバリ食べています。
まさかサノスケが♀とは思わず、しろのためにつぼ巣を入れたのですが、仲良くなったので、こんどの卵騒動がすんだら、つぼ巣を取ろうと思います。
サノスケはとても賢くて、つぼ巣の中を清潔にして、卵を暖めています。しろがつぼ巣をフンだらけにいていたのを考えると、えらいちがいです。気分転換に出てくることもありますが、すぐに入って暖めています。バードバスも、しろに遠慮していましたが、ついに入るようになりました。卵を産んだらなにも怖いものがなくなった??のかもしれません。
Re: !!!!!
カモミールさん

>・・・うむ。今までのブログは見なかったことにしよう(笑)

ありがとうございます~(笑)(ひそひそ・・・そうしてください・・・・
文鳥は♂♀同体なので、見分けがつきません。メジロと同じですね。
一般的にはクチバシがごついと♂といわれたりしますが、確実ではなく、さえずりだけが証拠です。一年以上さえずらない個体もいるので、若いときの判別は困難です。プロでも間違えるといわれ、「性別不詳」として売られていたりします。
このショップはわざわざ♂と♀のかごを分けていたので、さえずりを確認していると思っていましたが、甘かった!ゴマ吉はさえずりの美しさに惚れて買ってしまったので確実でしたが。サノスケのさえずりを楽しみにしていた自分がアホらしい。♀は卵を産んで初めて、今回のように性別がわかります。
文鳥はふつう、春と秋に繁殖しますので、その時期に条件が整っていれば、♂が居なくても卵を産んでしまいます。
卵を産むのは(特に寒い時期は)卵詰まりリスクがあるので、繁殖を考えていなければ、なるべく産ませないようにしたいのです。産んでしまった卵は、♀同士なので、無精卵です。いま取り上げてしまうと、また産もうとするので、しばらくしてからつぼ巣ごと取り除くことになります。

Re: ♂はうたう・・・
ぬまさん
・・・そうなんです。うたうのを聞いてから買えばよかったのですが、あのときはあせっていたのと、サノスケの足が欠損していたので思わず買ってしまいました。そいうえば、♂と書かれたかごにはサノスケを含め3羽の文鳥が居ましたが、サノスケ以外の2羽はラブラブの行動していました。でも、こうなると、あれはほんとに♂♀ペアだったのかもしれませんサノスケだけがもててなかったのね・・・・。
こういうことは、よくあることらしいけど、
そんなによくあったら困ることです
しろの気持ち・・・・。ブログ的には興味深いところですが、
もちろんまったくわかりません
おおぅ~
たっ、卵ですかっ!
えー!?と驚きながら、読みました。
文鳥さんのことわからないので、こんなふうに卵を産むってことに本当にびっくりしました。
サノスケくん、卵を見せ付けて「ええぃ~、これで♀だってわかったか?」と思ってるかな?(笑
サノスケくんさん、ちゃんと卵を温めてるのですね~愛おしい姿でしょうね。
それにしても卵の可愛いこと!

しろさんは「アナタ、オトコの名前付けられてるわよ」なんてサノスケちゃんに言ってたかな?
Re: おおぅ~
simcoさん
文鳥の卵は2センチたらずのちいさな卵です。毎日一つずつ産んで、5~8こくらい産み終わると♂♀が交代で暖め始めます。巣の中で卵を抱く姿は愛おしく感じますね。
ま~、♀同士なのでヒナは生まれないですが・・・。
サノスケなんていう名前をつけてしまって、ホントに申し訳ない。でも、せっかく名前を覚え始めたのに、今さらあたらしい名前をつけるのも・・・。
しろは、もちろんはじめからわかっていたと思います(笑)教えてくれたらよかったのに(←無理)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。