週間天気
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら湯

Fri.15.04.2011 2 comments
庭の梅、すもも、ゆすらうめはとうに花が散り、今は桜吹雪です。
公園の花びらが、庭に舞い込んできます。
暖かくなると、水浴びする鳥がやってきます。ほんとは、毎日水替えしているお皿の方で浴びて欲しいのですが、なぜか、水をつぎ足しつぎ足ししているだけの「にごり湯」の、火鉢のほうが人気です・・・(汗)真ん中にスイレンの鉢が置いてあるので、そこにとまれば小鳥でも浴びることが出来ます。

P1060966-2.jpg

P1060965-2.jpg

P1060964-2.jpg

日向でゆっくり乾かして・・・

P1060967-2.jpg

P1060969-2.jpg

まだ少し残っているヒマワリの種を食べて帰ります。あれこれ選んでから・・・。

P1060959-3.jpg

気に入らないと落としていくこともあります。無くなればそれをまた拾って食べています。だから、落ちている種からひまわりの花が咲くことは、ほとんどありません。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

« 文鳥食堂の在庫から その2 - Home - サノスケの換羽 »

- comments
2 comments
こんにちは。桜吹雪のお風呂が贅沢ですね(笑)
中に鉢が入っていたのですか。深い火鉢でどうして水浴びが出来るのか不思議だったので、石が敷いてあるのかと思ったりしていました。
火鉢の方が人気があるんですね。大風呂が好きなんですね。きっと。
3枚目のシジュウカラ君、赤ちゃんみたいで可愛いです!!!
最後の、どれにしようかな…と悩んでいるしぐさもいいですね。
Re: こんばんは
kogamoさん
今日は一日じゅう強い風が吹いて、ソメイヨシノ桜はほぼ散ってしまいました。そして、ヤマガラもシジュウカラも訪れることはありませんでした。いよいよお別れでしょうか・・・。
シジュカラは珍しい鳥ではありませんが、いろいろな仕草や表情を見せてくれるので、毎日見ていても飽きることがありません。今のところ、自称「在宅バードウォッチャー」なので(汗)kogamoさんのようにフィールドの鳥を生き生きと撮られることはできないですが、同じ鳥が来ていても、少しでも変化のある姿をお見せできたら嬉しいです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。