週間天気
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノスケの換羽 あたま編

Thu.28.04.2011 4 comments
ようやくっぽの生えそろったサノスケですが、今はあたまがとげとげです。しかも、なんだか換羽の前と様子が違ってきました。

あなたのあたま、ずいぶん白くなったのね
P1070022-2.jpg

・・・なんだか前に見たことがあるような・・・
P1070024.jpg

忘れちゃったわ
P1070031.jpg

??

P1070030.jpg

しろは、もしかすると、ごま塩あたまの誰かさんを思い出したかもしれませんね。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


« 外の世界についてそれぞれの考察 - Home - 平穏無事に »

- comments
4 comments
こんばんは☆
文鳥は忘れっぽいそうですが、シロさんのこのリアクションはちゃんと思い出してるようです。
ごま塩は、たまに、羽根を引っこ抜いてたシロさんの芸術作品でもありますね(笑)
こんばんは。
ごま塩さんのことは、わからないのですが、サノスケさんの胸のあたりも白くなったのではありませんか?
頭の模様も、涼しそうで夏バージョンのような感じですね。
シロさんは、一年中白ですね。文鳥さんは羽の色が違っても同じ種類なんですか?
一番上のお写真が、本当に会話をしているようですね。
シロさんは、サノスケさんのことをいつも優しく見守って、微笑ましいですね。
Re: こんばんは☆
tooko36さん
文鳥は、ほんとうは過去のことは覚えていられないと思いますが、写真を見て勝手にセリフをつけました。
しろが抜いたところが白くなっているのかもしれないですね(笑)
サノスケはまだ換羽っていて、今はほっぺたがとげとげです。毎日模様が変わるので面白いです。
Re: ありがとうございます
kogamoさん
kogamoさんは野鳥カテゴリのかたなのに、いつも文鳥のブログにまでコメントいただいてありがとうございます。勝手にセリフをつけただけなので、本当のことではないのですが、でも、しろはサノスケを受け入れて仲良くしています。文鳥はスズメの生態とよく似ています。野生では本来群れで生活し、相性にうるさく、気に入らない相手とはやかましく鳴いて喧嘩をします。だから、2羽の文鳥が一緒のかごで暮らせるのは、運が良いことなのです。
サノスケは「桜文鳥」です。茶色の胸に白い羽が混じるさまが美しいのですが、おっしゃるとおり、茶色い羽が抜けてしまって、白い羽が多くなってしまいました。しろは「白文鳥」で、生え替わっても白いままです。ほかにもシルバー、シナモン、イエローなどの新種の文鳥がいるんですよ。文鳥は小鳥の姿をしていて、しぐさも野鳥に近いので、一緒に暮らすと楽しいです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。