週間天気
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投薬のこと

Mon.06.06.2011 12 comments
しろさんのキズはかさぶたになっていますが、まだ血のあとがついた写真になっています。生活は普段どおり変わらないのですが、ショッキングな写真と思われるかもしれませんので、あらかじめお断りしておきます。そう思われた方はこの先ごらんになるのをおやめください。

しろはできるだけこのまま様子を見守ることにした、といっても、投薬ありきの決断です。抗生物質が入ってるので、掻きむしってキズになっても、二次感染にはある程度効果があるでしょう。副腎皮質ホルモンは入っていないということでした。とにかくこれを、一日3回~5回に分けて、決まった量だけ飲ませなければなりません。ひとりでは難しいし、みんが学校と塾のある日は朝早くと、夜遅くしか家にいないし、私も仕事に行く日は日中無理。文鳥握りのプロ、みんさんが家にいる時間しか投薬は難しいと思っていたのですが、自宅療養中の長女が『文鳥様と私』を読んで
「スポーツドリンクをスプーンで飲ませるところが描いてあった。しろも試してみたら?」
と言い出しました。私は、もうずいぶんこのマンガ読んでいなかったし、読んでもすぐに忘れるので、そんなことが描いてあったのを覚えていなかった!
「だって、クスリだよ?苦くないかな?」
と思いつつも、早速試してみました。

P1070220.jpg

・・・・・・近づきませんね。アワタマで吊ってみようか。

P1070219-2.jpg

「大丈夫、さっき、ちゅって吸っていったから、このまま待ってみたら」
「え?!ホント?!・・・まぁ、1回はまちがって飲んじゃったにしても、2回目はないやろ」
と言っていたら、なんと2回目も飲みました。
「・・・私より忘れるの早いっ!!どんだけおバカなの?・・・でも、まさか3回目はないやろ」
まさかの3回目にも飲みました。
しろさん、なんて偉いおバカさんなんでしょうか?!!必死に捕まえて口に流し込み、こぼしてしまうより、口に入る量は少ないかもしれないけど、どれだけストレスがないことか!よい方法を思いついてくれたものです。『文鳥様と私』ありがとうございます!前半は間違いばかりですけど、後半は闘病記みたいになってますからね。じつは、ナイゾウちゃんに腫瘍が出来て、やはりクチバシでちぎってしまったときも、出血はしたけれど、すぐに血が止まれば大事はなかったことを思い出して、しろが掻きむしったときも、とりあえず落ち着くことが出来たのです。
「昼間遊ぶときに、できるだけこの方法でやってみるよ」
と言ってくれた長女に感謝です。どんなにおバカなしろでも、いつまでもだまされるとは思えませんが、今のところ、吐き出したりはしないので、この方法を続けてみようと思います。

おまけ。

P1070226.jpg

しろにつられて、サノスケも思わず長女の手に乗っかってしまいました。
初・てのひらです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


« セカンドオピニオン - Home - しろの腫瘍 »

- comments
12 comments
下の記事から拝見しました
minさん、ご家族の方、看病お疲れ様です。
具合が悪くなったときの心配と不安、とてもよくわかります。
ものが言えない生き物への判断は本当に難しいですよね。
病院へ行くのがベストでも、ストレスのことを考えて判断したりもありますよね。
怖がりの子は病院へ行ったことで悪化するケースもあったりするし、でも病院へ連れて行ってれば・・・ということもありますね。

傷跡は痛々しいけれど、元気そうな様子に少し安心しました。
良くなるまでいろいろ大変だと思いますが、家族のかたの深い愛情できっと良くなり、元気で長生きしてくれると思っています。
しろさん、祈ってるよ!!
Re: 下の記事から拝見しました
simcoさん
ありがとうございます、simcoさんにそう言っていただくと、ほんとうにありがたいです。ものいわぬ生き物の気持ちを、なにより理解している方ですから。
私も、なにがベストの処置か、わからないのです。でも、自分が安心したいためだけに病院へ連れて行くことはしたくない・・・。さいわい、長女がしろのことをとてもよく観察してくれるので、とても助かっています。本人も病人なので、完全には無理ですが、それでも、いろいろなことに気づいてくれます。今日は「止まり木を取り替えるのも、下に布を敷くのもだめなら、つぼ巣を入れたら?」と言ってくれました。そうか!!ゴマ吉にも入れたっけ・・・そんなことにも気づかなかった、今の自分が情けないです・・・。お葬式、検査、病院、食事療法、仕事に研修・・・とにかく、このところ盛りだくさんで、私はすっかり油断していました。こういうときに、しろの異常に気づいてくれたのも長女です。帰ってきてくれて、しかも文鳥の魅力にすっかりハマってくれて、ありがたく思っています。
simcoさんとテチさんのことを思うと、私もがんばらなくちゃ、と思います。しろが相変わらずノーテンキでいてくれるのが、今のところ、救いです。
しろちゃんのは絶対良性だよ!私の寿命もあげちゃう。minさんの愛情で良い方向に回復していくから。絶対。体内だと手の施しようがないけど、体外にできる腫瘍は治療法していけば治るから。うん。心配で胸が押しつぶされそうになっても、目の前の食欲バリバリのしろちゃんと長女さんの笑顔だけを見てminさんが微笑んでいただけたらと思います。しろちゃんの適応力に脱帽です。

シロちゃんの傷が痛々しくて、可愛そうですね。引っ掻いて潰瘍が取れて、今は悪い所がなくなったのですか?
お利口さんにもお薬を飲んで、とても健気に思います。
優しい家族の方に見守られて、幸せなシロちゃん、きっと早く回復することでしょう。
うちに、文鳥ではありませんが以前白い猫がいて、5歳から尿路が細くなる病気にかかっていました。時々病院通いをしながらも12年も長く生きてくれたんです。今でも家の中に居るような気がしています。
シロちゃん頑張れ!
Re: ありがとうございます
kururuさん
いつもいつも、見守っていてくださってありがとうございます。しろにもとうとうこのときが来たか・・・・と思って、一時は落ち込みましたが、現在のところ、すこぶる元気にしております!!
腫瘍も、じぶんで取ってしまってから、5日めになりますが、傷のままかさぶたになっています。腫瘍がふたたび現れる気配も、今のところありません。寿命を頂かなくても大丈夫です!ただし、さすがのしろも、今日はクスリを飲んでくれなかったので、またみんが捕まえて、スプーンに今日のノルマの分量を量って流し込みました。スプーンは、スポイトよりも案外飲ませやすい事を発見しました。
Re: こんばんは
kogamoさん
ご心配いただき、恐縮です。しろさんは、じぶんで腫瘍を取ってしまいました。今のところは、しろの状態があまり深刻ではないので、静観しています。こんなちいさな生き物ですが、7年も一緒に暮らすと、やはり家族なんですね。kogamoさんの、猫さんのように、一病息災で、できるだけ長くこのまま暮らしていけたら・・・と願っています。
何かの参考になるかなと思ってUPしてみましたが、いろいろなかたにご心配をおかけしてしまいました。エールをありがとうございます。私の方も、落ち着きましたら、またコメントに伺わせていただきますね。
こんばんは
しろさん、びっくりしました!でも元気なんですね。
うちのフルフルも昨年しばらくカルシウムの飲み薬をスプーンで飲ませていました。
缶の水羊羹に付いていた小さなプラスチックのスプーンを使ってましたよ。
うん。自分で取ったしろちゃんすごい。えらい。
文鳥さんの手術はリスク高いもん。食いちぎってさすがだわ。
しろちゃんはminさんにとって家族というより宝物でしょ。
文章から伝わってきますもの。ゴマ吉さんも、サノスケちゃんもminさんの宝物。文鳥さんたちにお会いしたことはもちろんないけど、私にとってもかわいいかわいい文鳥様たちなのです。そう思うことを許してくださいね。
Re: こんばんは
カオさん
びっくりさせてごめんなさい、しろはいまのところ元気にしています。もう、首の血のあともほとんどなくなって、傷口だけになっています。スプーン、やはり便利なんですね。スポイトで口に入れるより、自然なかたちで口に入るような気がしています。私の使っているのも、あまり実用にならないような、小さい陶器製のスプーンです。
Re:
kururuさん
しろが宝物・・・になりつつあるのは長女の方かもしれません。毎日ハラハラしながらしろを見守ってくれています。私はきっと、失ってしまってからものすごく落ち込むのだと思います。私もマチ・ソワさんやうーやんたちが気になっていますよ。今はもういなくなってしまった文鳥さんたちでも、私のなかでは、ずっと同じ姿です。忘れることはできません。今は、毎日が無事過ぎることだけに感謝しています。
こんばんは☆
久しぶりに、訪問させていただき今日初めて知った次第で、申し訳ないです。
でもしろさんご本人は食欲があって、いつもどおりのようでホッとしました。
それにしても首のすぐ近くなのにナイゾウちゃんみたく自分で取ってしまうなんて・・・器用すぎますね。
エリザベスカラーを、たとえセロハンで作っても、しろさんのご機嫌を損ねそうですし
いつもと同じ環境が何より1番なのだと思います。
傷口が乾いて、かさぶたもきれいに取れたら、このまま自然治癒の良い方向へゆけるのでは・・・
女子会の絆は心強いので娘さんとサノさんに任せたら大丈夫のように思います。
min628さん、お忙しくされておられるようですが、体調にはくれぐれも気をつけてください。
Re: こんばんは☆
tooko36さん
申し訳ないなんて、とんでもないです。私の方こそ、このところあまりほかの方のところに訪問していなくて恐縮です。なのに、コメントをくださいましてありがとうございました。
これまで3度、掻き壊しているのですが、すぐかさぶたになるので静観していました。でも、そろそろ薬がなくなるので、もういちどだけ、セカンドオピニオンで、べつの医者の意見も聞いてみようかと思ったり・・・。
このまま医者に行かず、キズの消毒だけならどんな薬が良いのか?と思ってみたり。梅雨時なので、衛生には気を遣いますね。仕事中は長女がいてくれるので、本当に心強いです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。