週間天気
ブログ村
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路湿原

Tue.04.08.2009 4 comments
去年につづき、今年も出かけてきました。北海道は例年の3倍という雨続きでしたが、幸い到着した日から晴れ間が戻りました。
鶴居村で、早朝5時からのバスツアーに参加、キラコタン岬まで往復約2時間歩くのです。ここは許可を受けたガイドがいないと入れないところなので、どんな鳥に会えるか楽しみでした。
お約束のタンチョウの夫婦。ガイドさんには毎日会ううち、危害を加えないとわかって、逃げなくなったそうです。ゆうゆうとバスの前を横切り、橋を渡って林の中に消えていきました。

タンチョウ夫婦

近くで見ると、やはり優雅な動きをしていて、みとれてしまいました。あんまりぼ~っと見ているものだから、ここだけは夫さんが撮影してくれました。

タンチョウ2

タンチョウ3


エゾシカは目は良くないけれど、とても耳がいい。私たちのほうに耳を向けて気配を伺います。

エゾシカ1

この親子はキョーン!とおおきな警戒音を出しました。シカがこえを出すときは、近くに熊はいないのだそうです。(そのときは声も立てずにとっとと逃げる)

エゾシカ2

これは、simcoさん、ハマーさんたちのようにエゾシカ探しゲームになってしまいました(汗)何頭いるでしょうか?

エゾシカたくさん

これだけ歩いても小鳥の姿はほとんどなく、林の奥でこえがするばかり(泣)ガイドも花や動物、昔のアイヌのひとたちの遺跡跡などがおもな説明でした。「熊に遭ったらあわてずにゆっくりとあとずさりして距離を取ってください。列が離れると襲われやすいので、間を開けないように歩いてください」と、ガイドさんがニコニコ説明。ほんとは熊に遭いたそうな雰囲気です。鈴のほかに、ときどき固いアオダモの幹をたたきながら進みました。ここは小鳥というより、おもにヒグマの生息地だったのですね。
キラコタン岬からの眺め。人の入らない湿原の姿です。

P1020021.jpg

« 霧多布岬 - Home - 釧路湿原 その2 »

- comments
4 comments
おお、minさんは北海道に来られていたのですね!
天気が回復したときのようで良かったですね^^、本当に暫く雨続きだったんですよ~。

丹頂鶴、綺麗です!道東へは行ったことがあるのですが、
まだ鳥に興味がない頃だったので、鳥の思い出がないのです。
とても残念に思っていて、こうして見せていただけるのは嬉しいです。
最後の釧路湿原の写真も綺麗ですね~^^

鹿は4頭はわかりましたが、まだまだ潜んでいそうですね?
自然そのものを体験されたようで素敵なご旅行だったのですね。
道東以外はどんなところに行かれたのかな?
ご無事のお帰り何よりです、次のお土産話楽しみにしてます♪
道東
恒例のツアーをしてきました。道東がいちばん好きなので、これからはこっち側ばかりです(笑)このあと、霧多布、春国袋、野付半島を回りました。
こんどは日程にゆとりをもって、なるべく現地を歩けるようにしたのですが、つい、ついでにここもあそこもと寄り道してしまい、移動距離が長くなってしまいました。
目的は「シマアオジに遭いたい」だったのですが、遭えませんでした。エトピリカ、オジロワシ、エゾフクロウ、クマゲラも、もちろん遭えません。また急激に数が少なくなっているそうです。
ネイチャーセンターに行っても、花や動物はわかっても、なかなか鳥の情報を持つ人がいない事が多く、結局何げない林の中や、道ばたのほうがいろいろな鳥に会えたり(笑)ネイチャーツァーも小鳥はだめでした。エゾシカは今回たくさん会いました。藪の中に、まだまだ潜んでいたんですよ。
全部が撮影はできなくても、さすが鳥との出会いは多かったです。これから少しずつですが、ご報告したいと思います。
w(°0°)w オォー 釧路湿原に行かれたのですか~。
北海道に住んでいながら、私はまだ行ったことがないんですよ。
道東へは何度か行ったことがありますが・・・・
いつかは丹頂撮影してみたいと思っています。
色々行かれたそうで思い出を噛みしめながらの(笑)ご報告楽しみにしております。
ゴマ吉君ご夫妻はいい子にしていたかな(・・?
そんなものかも・・・
ハミリンさん
私も、岐阜にいても高山には2.3回行っただけですし、鵜飼い船にも乗ったことがありません(笑)
今回、ガイドのおかげでタンチョウだけはたくさん遭えましたが、小鳥はほとんど声だけの出会いでした。移動中に鳥の声のCD聴きながら、つぎの目的地に行くというドロナワのお勉強でしたが、だいたいの見当をつけることができました(汗)
北海道はほんとうに広いですね!そちらから道東へ移動するだけで一日がかりですものね。私は道東の風景がいちばん好きなので、また違う季節に是非行きたいと思っています。
しろとゴマ吉は元気でした。みんも高校生になったので、安心して任せられます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。