週間天気
ブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日突然に

Wed.28.09.2011 10 comments
・・・その日が訪れました。
台風15号が最悪の日本縦断をした翌日、我が家に突然やってきたのは・・・
この子たちでした!!↓↓

P9230439-2.jpg

じつは、この文鳥たちは、長女の文鳥であって、私のではありません。長女の部屋に住んでいます。
なので、私がブログにUPする権利はない気がするけど、サノスケと一緒のところなら、かろうじてサノスケの所有権を主張できる私の立場でも許されるであろう。
↑ムリヤリ。

P9230445-2.jpg

お互いガン見しあっています。でも、まだひなっこなので、サノスケはまったく感心なしの様子です。まっ白な文鳥なら反応したかもしれませんが。

7年前、しろが来た頃と同じ、およそ一ヶ月の中ひな白文鳥です。
この目つき。なつかしいなぁ。しろがまた戻ってきてくれたみたい。でも、この子はしろがひなだったころより元気で、やんちゃです。男の子ではないかと推測。名前はJiJi(ジジ)。

P9140400-2.jpg

初めて見るシナモン文鳥のひな。ジジより一週間あとの生まれだそうです。女の子と推測。おっとりマイペースでおとなしいと思っていたら、いまではジジを突きかえすこともあり。差し餌もいちばんたくさん食べて、からだがどんどんおおきくなっています。名前はPuPu(ププ)。

P9220412-3.jpg

「うちにはジジイもプー太郎もいるから、なんだかそっちみたいで呼びにくいなぁ」
「だって、これ以外の名前なんて、考えられないんだもん」
もちろん命名権は長女にあるので、私は一切関与がゆるされません。

長女はひとりでいろいろ勉強して、差し餌をつづけています。慣れないから「どうしようどうしよう」と言いながらも、けっして無理強いせず、時間をかけて、口を開けるのを待ちます。そうか、こうすればよかったのか!(←私が言ってどーする)ひなは慣れてくるとしっかり口を開けてたくさんアワタマを食べ、日一日としっかり成長しています。初めてにしてはたいしたものだと思いました。(←ダメ世話人であることを思い知らされて落ち込む)私は7年前のことなどキレイに忘れてしまっているので、何を聞かれてもわかりません(汗)けっきょく文鳥団地のジャクボーさんのサイトを読ませていただくことになり、未熟な世話人が記録などと言ってブログを書いても何の役にも立たなかった事が判明しただけでした。

ひなたちと一緒に暮らすことはできないので、やはり、サノスケの孤独はまだつづきます・・・。

P1070471-2.jpg

あれっ・・・どこが孤独だ??!
サノスケは私が買った文鳥なのですが、今はもうすっかり長女にこのとおり。この家にはもう、私の文鳥はいないも同然??
うう・・・悲しい・・・。


« 文鳥パニック - Home - まだいる? »

- comments
10 comments
お迎えおめでとうございます。
白文の雛ちゃんだ・・!そしてシナモンちゃんも!
一気ににぎやかになりましたね。
長女さんの御健闘に雛ちゃんずがすくすくとやんちゃに
育ちますように。
Re: ありがとうございます
kururuさん
まさか、こんなふうに我が家にひながやってくるなんて、思っても見ませんでした。ジジもププも私のではない、長女の文鳥です。かごは彼女の部屋にあるし、挿し餌も彼女がしています。私も、みんも、ときどき「ひな見せて」と言いながら、部屋に入って手に乗せて遊ぶだけ・・・。正直、いまは仕事が忙しくなってしまって、彼女がいなかったら手乗りのひなを育てることはできなかったでしょう。7年ぶりのひなたち、すごくかわいいですe-266e-266
でも、これでいいのかなぁ?と思いつつ、UPしてしまいました。
来た~!
かわいい、可愛い、カワイイですね!
そうですか、長女さんのお部屋の深窓のブンチョウさんなのですね。
なんとかサノスケちゃんが、世話人minさまの方に振り向いてくれるようお祈りしています♪
おおお!! 一気にひなが2羽! 
長女さんの行動力にびっくり。
そして、長女さんの文鳥一直線ぶりに拍手!
あれよあれよという間に文鳥好きさんになってて、それがすごく嬉しい。
このまま文鳥ラブ道を突き進んでください!


Re: 来た~!
カオさん
ありがとうございます。我が家の文鳥事情も急変しました。もう、手乗り文鳥を育てる機会は当分やってこないと思っていましたから、ひながいるというだけで幸せですが、自分の文鳥といえないのが残念です。
サノスケは、ときどき私の肩に載ってきたりしますが、微妙な距離感です。私はそれでもじゅうぶんなのですが、荒鳥のサノスケは、やはり文鳥が一緒の方がいいのかも・・・と思ったりします。そういうときは切ないですね。
Re:
ぬまさん
長女の文鳥熱は並大抵ではありません。いささか暴走気味です。でも、その情熱で何とか乗り切っています。部屋は熱帯の気温でキープ。床はアワタマやワラだらけ。それを毎日掃除機でかたづけています。
・・・すごい・・・。←いや、掃除するのは当たり前だから!!
キャッキャッキャッ・・・・
きゃあ~わいいっ!!o(*^▽^*)o~♪
これはもうメロメロになりそうです。
サノスケちゃんとのガン見もいい感じ(笑)
シナモンと白文鳥の組み合わせ・・・・子供の頃のコルミとテツ&トモを思い出します。
minさんの立場羨ましいです。
だって、同じ屋根の下に世話を安心して任せられる文鳥の飼い主(長女さん)がいて、遊びたい時に遊ばせてもらえるなんて・・・・羨ましいィ~!!
サノスケちゃんも完全に手乗り文鳥になってしまいましたね。
長女さんの熱意と可愛がり方が凄いです。
ところで、4枚目のぷぷちゃんの写真はショップで撮影したのですか?
もう、うっすらほっぺが半分に分かれていますね(*^-^)
3ショット♪
ヒナヒナ可愛いですね~
サノさんは、おとなしいので、シロさんを見習って、きっと優しい先輩文鳥になるでしょう。
まだまだ性別が分からないのも、楽しみですね^^
もしかして、2羽ともオスだったら・・・サノさん両手に男子でモテモテの可能性大?
ジジ&ププちゃん達、恋のライバルになるのでしょうか?
いずれにしても、また新たに1羽お迎えすることになったりして・・・^^;
長女さんの文鳥ブリーダーの道はまだまだ続くのです(笑)


Re: キャッキャッキャッ・・・・
ハミリンさん
そうなんです。来ちゃいました。ズルしてごめんなさい!シナモンのひなちゃん、テツちゃんトモちゃんたちの昔を思い出していただけましたか。このところ仕事の日ばかりで、まるで文鳥たちと遊んでないのですが、帰るとひなのいる生活はやはり幸せです。
サノスケは、かなり長いことじっとしていると、やっととまりに来てくれますが、「手乗り」とはちょっと違うような気がしています。相変わらずしろを探している気がするし、なかなか外に出なかったり、大好きだった豆苗も残しがち。粟穂にも来ません。日中はほぼ止まり木の上でじっとしています。このままだとまた荒鳥に戻ってしまいそうな気がして、悲しくなります。
ププもジジも、1羽ずつのはショップで撮影させていただきました。昔ながらの小鳥店を、長女がネットで見つけて買いに行きました。ここも小鳥天国でした。
Re: 3ショット♪
tooko36さん
ひなたちはやんちゃざかりで、まだ食べては寝ていることが多いですが、遊び出すとじっとしていることがないので、見ていて飽きません。つい長女の部屋に長居していまい、ごはんの支度を忘れそうになります。
まだ1ヶ月なので、性別はまったくわかりませんが、どっちも♂、または♀という確率もありえますね。私はどちらかが男の子だったら、またさえずりが聞けるのでは・・・と楽しみにしています。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。