週間天気
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノスケvsロロ

Thu.06.10.2011 4 comments
ロロは、1羽で来たためか、べたべたの手乗りさんなので・・・
すっごくかわいいです。あ、思わず字がおおきくなってしまいました。

P1070520-2.jpg

私が仕事に行っている間、ジジやププといっしょに長女の部屋に暮らしています。体重がなかなか増えないため、まだ挿し餌を食べるププと一緒に、湯漬けのアワタマや卵の黄身、栄養剤などをもらっているのです。夜になるとかごから出せ出せコールをして、ちゃっかり長女の手の中で眠ってしまうとか。
なんて甘えん坊さんなんでしょ。くぅ~、かわいい!あ、すみません、また思わず字がおおきくなってしまいました。
なのに、世話人は忙しさにかまけてほとんど遊ぶ暇がありません。
いかん、このままではこの子も長女に取られてしまう。

P1070435-2.jpg

一方、相変わらず孤独なままのサノスケ。
日中はあまり外にも出ず、鳴くこともあまりなく、静かです。あいかわらずほとんどかごの右半分だけで暮らしています。かごのなかからもだんだん出てこなくなっているので、ひょっとして、サノスケはまたもとの荒鳥に戻ってしまうのではないか?!・・・などと勝手に考えては悲しくなる世話人です。長女がいると、出てきててのひらに載ることもありますが、あまりゆっくりつきあえない世話人のところにはなかなか来てくれません(悲)飛ぶときはせわしなく、まだしろをさがしているのかという素振りです。そして、あっというまにじぶんからかごに戻ってしまいます。
ところが、夜になると、とたんに元気になり、かごのなかで鳴き始めます。そしてせわしなくかごのなかを飛び回ります。布をかけると落ち着くのですが、そのあとも、どうも夜更かししている気配です。
「夜になるとしろのユーレイが出てくるのでは??」
「それで騒ぐのか」・・・などと噂する。

そんなサノスケとロロが、いよいよ対面しました。

P1070527-2.jpg

P1070524-2.jpg

やはり、ほぼ無関心なサノスケ。ロロも初めて見る大人文鳥にやや引き気味。サノスケが飛び立つと、果敢にもついて行こうとしますが、飛行能力に差がありすぎるため、ぽとんと落ちてしまいます。ロロは第一風切り羽をのこして、羽の先をほとんど切られてしまっているのです。ショップでは仕方ないのかもしれませんが、やっと飛ぶことを覚えたころに羽を切られているのは残念です。ちなみに、まだ羽を切られていなかったププは、狭い長女の部屋を自在に飛び回って、ガラスに当たることもありませんが、ロロは除けきれなかったり、力尽きて落ちていまいます。約半年後のひな換羽まで元通りになることはありません。サノスケもそうでしたが、広いところを飛びながら、だんだん覚えていくことでしょう。

P1070541-2.jpg

このあとサノスケはかごに戻ってしまい、ロロは長女に引き取られてしまいました。
あいかわらず寂しいままのサノスケと世話人です。

« 斥候係 - Home - 文鳥パニック »

- comments
4 comments
かわゆいですね。めろめろになるお気持ちが分かります。

切られている羽根は抜くと数日で羽根が伸びはじめますよ。
2週間ほどで生えそろうんじゃないでしょうか。
自分ではできないのでいつも獣医さんにやってもらってます。
Re:
kururuさん
ようやくブログが現実に追いつきつつありますが、まだ少し遅れがあります。
しかし、文鳥の頭数はいまのところこれ以上増えておりません(笑)ご期待に添えず申し訳ないことです。
もう、ひなのいる場所には近づかないようにしております・・・。
羽のこと、教えていただいてありがとうございました。ほう~、抜いてしまうと、生えてくるのですか?!なるほど~。確かに、無くなったら困るから、あわてて生えてくるのでしょうね。ロロのばあい、何枚かおきに切られてるのではなく、ずらっと切られてしまってるので、それを全部抜いてしまうと、まったく飛べなくなってしまうのでは・・・と思われます。今のところ、なんとか移動は出来るので、このまま待つしかないようです。
こんばんは。
コメントご無沙汰していてすみません。
文鳥さんのお話…切なくで悲しくて、またとても感動的でした。
minさんに可愛がられたシロさんは最高に幸せだったことでしょう。
残されたサノさんが、とても可愛そうです。お嬢さんの文鳥さんたちと早く仲良しになれるといいですね。
銀色のロロちゃん、何とも言えず愛くるしいです。ninさんがメロメロになる気持ちわかります。( ^^
Re: ありがとうございました。
kobamoさん
いいえ、こちらこそ。魂を売り渡して仕事ばかりの夏でした・・・。このところ文鳥ばかりで野鳥の話題もないのに、コメントしてくださって申し訳ないです。おっしゃるとおり、今は残されたサノスケのことだけが心配で、ついにこんなことまでしでかしてしまいました。長女の部屋に預けてあるのでまだサノスケはひとりぽっちです。もうサノスケのとなりに置いてもいいでしょ?と言うのですが、こんどは長女が離れがたくなってしまったみたいです。
私も毎日部屋へ通って遊ばせてもらう日々・・・。出資したのに・・・。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。