週間天気
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食え食え作戦

Mon.10.10.2011 4 comments
ロロの世話をすっかり長女にお任せしてしまった世話人。←こうなるともう「世話人」でもないひと。
ロロの体重、21グラム。うちに来てからなかなか増えません。。一日違いで生まれているジジは24グラム。でもロロは20~21グラムをいったりきたり。羽艶も、ジジたちに比べるとあきらかによくない気がします。シルバー文鳥は神経質なところがあって、育てにくいという噂はほんとだったのか??だとしたら、ひなはじめてド素人の長女(研究熱心)と、時間が取れない世話人(バカ)の手におえるのでしょうか・・・。

PA010609-2.jpg

ロロはホームセンターの店員によると「もう一人餌」でした。ホームセンターにはもう次のひなが入っていて、店員さんはそちらの世話に忙しいからこの子たちの挿し餌をやめたようです。手に乗せて遊んでくれていたらしく、手乗りにはなってくれましたが。

P9270500-2.jpg

ロロは、来た日こそ緊張してあまり食べませんでしたが、だんだん湯づけのアワタマやムキエサを一人で食べるようになりました。けれど、食べ方がジジやププとは明らかにちがっていて、細々としているのです。体重が20グラムに減ってしまったとき、強制給餌も試みましたが、頑固に口を開けませんでした。もう、挿し餌されなくなってだいぶたつので無理ないかもしれません。ちなみに、ジジやロロより1週間あとに生まれたププさんはまだ一日2~3回「育て親」から餌をねだって食べているのですが・・・。(体重は26グラム)あんたはもういいから・・・。

P9270502-2.jpg

ロロをお迎えしてから1週間目、
「心配だ。体重が増えないのは、寄生虫がいるからかもしれない。動物病院に検診に行こう!」
と長女に言われて、連れて行きました。
フンの検査では寄生虫はなし。触診の結果、内蔵や脚にも異常なし。ただ、ばっさり羽を切られているのを見て、嘆いておられました。
総合すると、ただ食が細いだけらしい。動きもキビキビしていないけれど、もともとおとなしいだけか、神経質か、またはまだ環境に慣れないか、いずれかのようです。文鳥にも個体差はあるのですね。
細々ながらも餌は食べているし、健康には異常がないので、このままようすをみることになりました。ここは、できればキャリーに移さず、かごごと持ってくるように言われるのですが、かごの環境や餌を見てもらったら100点満点でした。長女のレイアウトもたいしたものです。
この病院は薬やサプリメントをとりあえず出すということをしません。今回も文鳥1羽、検診代1000円、(フンの)検査料500円、消費税75円の、合計1575円だけでした。しろとゴマ吉を健康診断してもらったときから値上がりしていないようです。
(フンをラップに包んでくれば、文鳥を連れてこなくても、それだけでも検査してくれるとのことなので、長女は、ジジ・ププはこの方法で診てもらうと言っています。)

とにかく、ロロはほそぼそながら、なんとか食べて、21グラムを維持しています。水浴び大好きで、動きも良くなってきました。
あとは、はたしてサノスケの孤独を救う救世主になってくれるのか??


« 立山行き - Home - 斥候係 »

- comments
4 comments
オープン・サノ・ハート
とりあえずみんな元気で何よりです(^-^)
食が細いってのは心配でしょうけど、
いいお医者さんがいるようなので心強いですね!

動物って誰でもいいかと思いきや、好みや相性があるから不思議です。
何を基準に好きになったり、仲良くなったりするんでしょうね。
サノちゃんが心を開いて、みんなと遊ぶ姿が見たいなぁ~。
クチクチ・・・開けて
ロロさんの名前、よく見ると、クチクチとも読めます(笑)
大きくクチ開けて、いっぱい食べてほしいものですね。
食が細い子でも、大好物だと結構食べるので、いろいろ工夫されててる長女さん心強い!
そのうち優しいサノさんが、先輩文鳥として教えてくれるハズです。

PS:なぜに、シルバー文鳥さんをお迎えされると予知したかというと、わたしがmin628さんだとしたら、同じ行動をとっていたはずだから・・・(笑)
だから予知でもなんでもなく、思考がかぶってしまっただけなのでした^^;
きっと、あてにはならないですね~
Re: オープン・サノ・ハート
カモミールさん
まだブログが現在に追いついていないのですが、いまは体重こそ思うように増えてくれませんが、元気です。このときはほんとに心配しました。
文鳥は好き嫌いのはっきりした鳥です。(同じ種族の、スズメのケンカを思い出してください)だから、気が合わなかったら、一緒のかごには暮らせないんですよ。ロロとの相性はいかに?!まだひななのでわかりませんが・・・。
こんな小さな生き物に毎日振り回されて暮らしているなんて、申し訳ないくらい平和だと思います。
でも、私の頭の中には、今、サノスケの孤独を救うことしかありません。焦ってしまう・・・。
Re: クチクチ・・・開けて
tooko36さん
みさかい無く、いきなりお迎えしてしまったロロさんに、ふりまわされっぱなしです(泣)それもただサノスケの孤独を救いたい一心でした。が、長女の調べたところによると、まだひなのうちは、ほかの文鳥とのマッチングは難しいらしいです。困った。
tooko36さんもわたしといっしょなのですか?!それでは、今の時期、ぜひヒナのいそうなところにでかけて下さい。きっとまろさんにお友達が増えるでしょう。←予言でも何でもない。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。