週間天気
ブログ村
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Friendly

Wed.04.07.2012 4 comments
けっきょく、ジジ・ププのかごを長女の部屋に戻すことにしましたが、サノスケとロロの関係はなかなか修復しません。
でも、サノスケがとても積極的になりました。じぶんからあちこち飛ぶようになり、人間の肩にもよくとまり、そのままほっぺたですりすりしても逃げない、という変わりよう。
これまで置物のようにかごのなかでうずくまり、ロロに羽繕いをしてもらって恍惚としていたサノスケに比べたら、こんなに元気で積極的に動くようになったサノスケは、むしろ喜ばしいことかもしれません。換羽がよほどしんどかったんだろうなぁ。
とにかく、このままではロロがかごのなかでゆっくりできないので、落ち着くまで別かごにしました。

P1090368-2.jpg

かごを分けてしばらく、サノスケは静かでしたが、こんどはロロが落ち着きなく、ぴちゅぴちゅ鳴きっぱなし。な、何なの??さいごは2羽ともお昼寝して静かになりました。ふぅ~。
夜までラブコール(?)を送り続けるロロ。

P1090378-2.jpg

夜、サノスケとロロを出してみたら、一緒に飛び出しましたが、もうサノスケがロロを追い回すことはなくなっていました。これでひと安心です。もとどおりいっしょのかごにしたら、仲良しに戻っていました。

P1090382-2.jpg

かごのなかでもこのとおり。昼間のサノスケはいったいなんだったのでしょうか??
ジジに対するおもいではなく、単なる焼きもちだったのか??
妄想は、なお謎をふくんだままふくらんでゆくのでありました。

そうそう、長女の部屋のジジ・ププも出してやらなきゃ。慣れていないので出るまでに時間がかかります。

P1090388-2.jpg

でも、おバカっぽいププを見ていると、しろを思い出します。

P1090401-2.jpg

おなじ白文鳥でも、ジジはしろとはまるでちがっているので、文鳥はほんとうに1羽1羽、個性的だと感心するばかりです。


« 芸術散歩本 - Home - ある日突然に »

- comments
4 comments
前回の日記からどうなるのかとドキドキしてましたが、丸く収まったようですね。
本当に一人ひとり個性があって興味深いですねー。
一羽飼いでは味わえないスリル(笑)がいっぱいありそうです。
Re: ご心配かけました
ぬまさん
すみません、世話人としても、意外に早く解決してしまったので、拍子抜けしております。(←ほんとは、もっともっとあれやこれや妄想していたかったらしい)
でも、長女不在の今、収まってくれてほっとしています。まだ7羽の文鳥しか知りませんが、どの子もほんとうに個性があって、楽しいです。文鳥の魅力を今さら知ったような気がします。・・・が、一日中文鳥と遊んでいられない今は、4羽もいると世話よりも、遊ぶのがたいへんです。しろと1羽だけで蜜月だった頃が懐かしい・・・。

たくさん飼っておられると、いろいろなドラマが展開されて面白いですね。
サノさんは、恋をしているのですね。人も思い通りにならないとイライラすることありますよね。翌日には落ちつかれて一安心でしたね(笑)
娘さんの文鳥さんを預かるのも責任重大ですね。
前から見ると、ジジさんブブさんがずいぶんしっかりした体格になっていますね。仲良しペアで微笑ましいです。そのうちお子さんも見られるのかな?
家族が増えるのは嬉しいですが、お世話のminさんが大変そうですね^^;
Re:こんばんは
kogamoさん
文鳥のことなのに、コメントありがとうございました。恐縮です。
文鳥は、♂♀の区別なく、仲良くなったり、気に入らなかったりするのかな?と思っていました。文鳥と暮らした年数は長くなりましたが、数をたくさん見ていないので、まだまだわからないことだらけです。
ジジ・ププは、今はもう絶滅寸前の、「小鳥店」出身なので、たらふく差し餌され、ものすごくガタイがいいです。ププはおなかが割れてます(笑)今のところ卵が産まれるような兆しはありません。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。