週間天気
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロロ、羽を抜く

Sun.09.12.2012 4 comments
ヒナ換羽がすんでも、切られた羽が生えてこなかったロロ。まだ生え替わってきません。しかも、ロロの羽を見た先生、
「こりゃ、右が5本、左が4本切られてる。これではバランスが悪いよ」
えぇ~!?それは気づかなかった!ロロはいつも飛んだあと、おなかを上下させて息を切らせていたけど、バランスとるのがたいへんだったのかなぁ・・・。

P1100331-2.jpg

そこで、やっと決心して、羽を抜くことにしました。抜けば、1~2ヶ月で生えてくるのだそうです。(ここでは抜いてくれません。お爺ちゃん先生なので、爪切りとか、病気以外のケアはしてくれないのですね。はい、自分でします・・・)
正直、今までなかなか決心がつきませんでした。出血でもしたらどうしよう・・・悲鳴をあげたら・・・間違ってほかの羽を抜いてしまったら・・・嫌われてしまったら・・・等々、いろいろ言い訳して先延ばししていましたが、もうこうなったら

抜くっきゃない!と覚悟しました。

でも、もうひとつ、心配なことが・・・。長女も、文鳥マスターのみんもいなくなってしまった我が家。羽を切るためには、ひとりでは無理です。残るみん兄ちゃんにロロの捕定を頼むしかありませんが・・・だ、だいじょうぶかなぁ?ロロは手乗りなので簡単に捕まえることは出来るけれど、そっと掴んで安定させておくには技術がいります。力加減にコツがいります。とにかく、みん兄ちゃんにやってもらうしかありません。
左手で羽を広げながらクリッピングされた羽を、右手に持った毛抜きで、ひねるようにして、一気に抜きます!
えいっ!!ごめんよっ!ロロ・・・。

P1100332-2.jpg


・・・あれ?出血もなければ痛がりもしない。「離してッ!!」と暴れるけど、それだけ。よし、これなら大丈夫かも。一気に行くぞ!!・・・と思ったら、みん兄ちゃんの方が情けないことに、こわくなって目をそらしちゃうので、一瞬の隙をついて逃げられてしまう。
「あ~、もう、ちゃんと掴んでて!!痛くないから!」
などと、みん兄ちゃんをなだめなくてはならず、こちらのほうが手間がかかりました(汗)

P1100365.jpg

それでもなんとか9本抜き終わってほっとすると、ロロは、あっけないくらいフツーに飛んでいってしまったのであんぐり・・・。(そのためあとの3本はロロの羽ばたきで不明)もともとふかくクリッピングされていたから、これだけの羽があってもなくても、飛ぶのに関係なかったのかな。

これであと1ヶ月後、ちゃんと生えてくれればいいのだけれど・・・。
そのあと、ミューズリーをガツガツ食べていました。
でも、後日体重を量ったら、羽を抜かれたぶん、1グラム減って、20グラムになってしまいました・・・

あれから2週間、ほんのぽっちりですが、羽が生えてきたみたいです。

P1100415-2.jpg

↑↑ す~み~ま~せ~ん!!写真間違えてたので、差し替えました。三日も経ってから気がつくか・・・(汗)

« 雪の朝 2012 - Home - 白いスズメ »

- comments
4 comments
minさんお疲れ様でした!
どきどきしながら拝読いたしました。
ロロちゃんの羽も順調に生えてきていますね^^
すごーいすごーい。
自分で抜かれるなんて! 
うちの子も買った時に何枚か切られてました。
ヒナ換羽で生え変わると思ってましたが、まだ残ってます。
でも私は怖くてできません(涙)
来年こそは生え変わってくれるといいのですが…。
Re:
kururuさん
いつもいつも見ていて下さって、ありがとうございます。
kururuさんに羽を抜くと良いよ、と教えていただいてから、決心するまでこんなに経ってしまいました。ほうっておいてもなかなか生え替わらないのに、抜いてみたらあっけないくらい早く生えてきました。でも、これは特別な食べ物とサプリメントのおかげかもしれないです。おかげさまで、羽だけでなく、ロロがとても活発になりました。
Re:
ぬまさん
わかります、私もわかっていても、なかなか決心できなかったから。
でも、病院で、これはこのまま待ってても生えてこないよ、と言われてしまったので、決心しました。それに、右と左で切られてる羽の数が違っていたのがショックでした。
「文鳥 羽 抜く」で検索すると、ジャクボーさんのサイト(文鳥団地)のなかの、抜き方に関する記事がヒットします。そこをよく読むと、ヒナの時は出血することもあるようなのですが、大人になっていれば大丈夫らしいです。実際、ロロは出血しなかったし、少なくとも痛くて悲鳴を上げたり、抜いた瞬間に痛そうに暴れることはなかったです。コツは、毛抜きでしっかりと掴み、手前に半分ひねるようにして一気に抜くこと。右側は左手で持って右手で抜けるのですが、左側は誰かに持っていてもらわないと抜くことが出来ません。
病院によっては抜いてくれるところもあるかもしれません。私の行きつけの病院は、鳥を診ることは名医だと思うのですが、ケアは自分でしなさい、医療以外のサービスはなし、というおじいちゃまなので、自分で抜かなければならなかったのです。
抜いたあとは、ミューズリーとサプリメントを与えて羽の育成を促しました。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。