週間天気
ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可思議

Tue.03.12.2013 2 comments
この一年のあいだに、文鳥たちは2度の引っ越しをしたことになります。
岐阜の家 → 北海道の小屋 → 岐阜の家・・・

北海道の小屋で放鳥すると、パニックになり、かごに帰れなくなっていた時もありました。そのうちだんだんとその場所に慣れて、じぶんから帰れるようになり、ほっとしました。
ところが、しばらくすると、これまでほかの文鳥についてまわりだったサノスケが、自分から行動するようになったのです。自分から窓際に行き、外の野鳥のこえに聞き入っている姿を見たときは、これまでにないサノスケの顔を見たような気がしました。
といっても、文鳥はもともと群れで行動する鳥なので、ロロと行動をともにすることは多いです。そうそう、ロロさんはあんまり変わらなかったですねぇ(笑)

さて、ふたたび岐阜の家に戻り、2日後に放鳥してみました。すると、パソコンモニタ、プリンタ、ソファ、キッチンカウンタ、そして机、というふうに、かつて中継ポイントだった場所に、つぎつぎとまっていくのです。

はじめての放鳥時に第一ポイントで周囲を確認するおフタリさん
P1140597-2_201312011652284c4.jpg


P1140600-2_2013120116540894b.jpg

小屋を造っているときに、文鳥かごの位置をしばらく変えたことがあります。その位置から放鳥すると、元の場所に戻って、かごがないのに気づいてパニックになりました。工事が終わって、かごを元の位置に脅すと、何事もなかったように戻っていきました。文鳥も、渡り鳥のように、過去の飛行ルートが、地図のように残っているのでしょうか。あまりにポイントをついているので、不思議に思いました。

P1140659-2.jpg

P1140662-2.jpg

いや、文鳥たちは立派です。半年離れていた場所でも、どこをどう飛んでいたのか覚えているのですから。
それにひきかえ、ニンゲンの世話人は、荷物をほどいて収納すると、もうどこにしまったか覚えていない。台所に立っていても、自分のウチではないような違和感を常に感じてしまう。自分の家なのに、未だにギクシャクして暮らしているのです。

 適応能力低っっ!!!  文鳥>世話人

文鳥より頭わるいかも・・・orz

「文鳥の日々」からごらんいただいているというかた、拍手コメントをありがとうございました。そんなに昔から見ていてくださると、世話人が ほんとにバカ なのがよくわかってしまうので恥ずかしいです・・・。

« 二度目の秋 - Home - ロロさん、サノさんの大仕事 »

- comments
2 comments
こんばんは。大変なお引越しお疲れ様でした。
皆さん無事にお帰りになられてよかったです。
文鳥さんも、渡り鳥のように故郷へ戻って来て本当に嬉しそうですね。
ほっとしている様子が、表情から伺えます。
3枚目のサノさんのキョトンとした顔がとっても可愛いですね。
キャラクターのモデルさんに使えそうですね( ^^
Re: タイトルなし
kogamoさん
こんにちは、文鳥のところにコメントありがとうございます^^:今日は、外の鳥のことをUPします~。
おかげさまで、なんとか無事帰ってきました。でも、もういちどこれをやらなくちゃならないと思うと、今から凹みます・・・。文鳥たちは、そんなことはおかまいなく、もう我がもの顔で、家の中を飛び回っています。
私は、まだ北海道ボケがなおりません・・・。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。