週間天気
ブログ村
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウグイスが増えていた

Tue.14.01.2014 2 comments
忙しかった年末年始から、今年初めて近くの里山を歩きました。
今シーズンはメジロの群れと、ヒヨドリが目立ちます。カラ類は変わらないかな。かつては、ホオジロやルリビタキ、アカゲラも見られたこの場所も、だんだん鳥の種類が少なくなっていきます。メジロが豆柿に集まっていました。

P1150005-2.jpg

豆柿は、里山に自生する、名前の通り小さな柿です。メジロと大きさを比べてみてください。たぶん渋いのでしょうが、今頃になって、ようやく甘くなったのでしょう。

P1150004-2_20140114143057c5d.jpg

そんななか、ウグイスだけは数を増やしていました。大規模な下草刈りと、間伐が行われてから4年目、2羽だったのが、今日は5羽確認できました。嬉しかった~。コゲラじゃないよ(笑)木の幹から虫をとりました。

P1150015-2.jpg

なかなか陽の当たるところには出てきてくれませんが・・・日向にいても超~地味です。

P1150017-2.jpg

シロハラも、来ているのがやっと確認できました。ツグミは、いつも居たところの木が切られていたので、見つけることができませんでした。
白いあたまのスズメもまだ来ています^^

P1140981-2.jpg

« ど根性 - Home - 白いスズメと再会 »

- comments
2 comments
おはようございます。
美味しそうな柿がまだ残っていてよかったですね。メジロさんと柿が素敵な絵になりますね。
こちらでは今はカラスザンショウの実を食べているのかなあと思います。
枝止まりのウグイスも可愛く撮られましたね。
ウグイスは今の時季鳴かないのではめったに見ることはありません。どこかに隠れているのだと思いますが。
頭の白いスズメさんは、いつも元気な姿を見せてくれて、おりこうさんですね。( ^^
Re: kogamoさん
おはようございます。
拙い写真を絵になるといってくださって、嬉しいです。ここは、小規模ながら扇状地の地形をしているので、ミニ里山の風情がある場所です。
豆柿もずいぶん切られてしまい、わずかしか残っていません。里山の風情というだけでなく、鳥たちにも貴重な食料だったのですが・・・。カラスザンショウも少なくなりました。今シーズンはメジロがとても目立ちます。どこに行っても、彼らが迎えてくれます
ここは、ウグイスだらけといってもいいくらい、たくさんウグイスのいたところです。ホオジロ、アオジの群れも居て、似たような地鳴きをあちこちでしていました。これから、ほかの鳥も増えていってくれるのを期待しています。
白いスズメもまだ来ていますが、ツミも来ているので、毎日ハラハラしながら見ています。ほかの鳥たちも警戒しているようで、文鳥食堂には例年以上に緊張感が漂っているようです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。