週間天気
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山へ偵察に

Tue.13.10.2009 6 comments
里山の小鳥たちはまだバードテーブルにやってこないので、こちらから会いに行きました。
すると、早速「ヴィー!」というお出迎えの声が。いました、3~4羽のヤマガラがエゴノキに群れていました。実はだいぶ食べられていますが、この固い実を食べられるのはおそらくヤマガラだけなので、この木にはまだしばらく通い続けることでしょう。

エゴノキとヤマガラ

エゴの実とヤマガラ

ヤマガラは実を取ると、それを持ってほかの木に飛んでいき、そこでゆっくり割ります。食べ終えるとまた戻ってきます。それが、3羽ほとんど同時。いっせいに取って、揃ってどこかで食べています。何回も繰り返していました。
ほどなくエナガの群れもやってきました。ここは小鳥たちの通過ポイントにもなっているみたいです。この子たちは、虫が目当てですね。

ぶら下がるエナガ

メジロの群れもやってきました。ちょうどすぐ隣に山柿がありました。梢の先からだんだん熟していくようです。これもたくさん成っていたので、当分食べ物には困らないでしょう。山柿はこのへんの里山のあちこちに、まだたくさんあります。豆柿と呼ばれる小さな柿なので、今では人は食べないため、ありがたいことに鳥たちだけの食べ物になっています。

山柿とメジロ

里山は秋真っ盛りで、小春日和に虫も多く(ヤブ蚊にたくさん刺されました)食べ物が豊かにあるようでした。文鳥食堂の開店は当分先送りですね。

« すきまハンター - Home - カムフラージュ »

- comments
6 comments
豆柿
豆柿って見たことないけれど、野鳥さんにとっては素晴らしい環境ですね。
人間も食べれるんですよね(・・?
それにしても、バードウォーッチングするにも最高の場所ですね(^^)v
Re: 豆柿
ハミリンさん
このあたりではそう呼んでますね。渋くて食べられないという人もいましたが、熟せば大丈夫という人、干し柿にするという人もいました。私は食べたことがないです。ここらは柿の産地なので、豆柿を取って食べるまでもなく、あちこちから頂き物をします。うちでも食べきれなくて、バードテーブルに供します。
自宅周辺の里山ですが、今年の群れの動きが少し分かってきたので、今日は待っているだけで、次々に鳥たちがやってきました。こういうのはめったにないです。うまく撮影できないのが残念ですけど・・・。
ヤマガラが4羽確認できたのは嬉しかったけど、はたしてこの子たちが、ウチへ来てくれるかどうかはわかりません。「木の実が無くなったらうちにおいで!」と祈るような気持ちで、思わず呼びかけてしまいました。・・・誰もいなくてよかった。帰ります。
いいですね~
待っているだけで次々と野鳥がやってくる場所。。
それがたまにであっても羨ましい環境ですね~。
こちらは必死に探さないと・・・
声を頼りに近付いても今の時期はまだ姿を確認することさえも難しいですし。
この前、それでも近所の公園で少しばかり野鳥を見ましたが
確かにまだ実りの秋ですもんね。
バードテーブルの出番はこれからでしょうか・・

>木の実が無くなったらうちにおいで

いいなぁ、、、うちなんざ、せっま~いマンションのベランダだからねぇ。
バードテーブルを用意できる環境を人間が欲しいです(泣)
Re: いいですね~
毎年、群れの移動時間を掴むまでは、私もめったに会えないんですよ。今年はスズメバチのため職場の山に入れなかったので、自宅近くだけを休みの日に廻っていました。それで、やっとこのごろコースが少しわかったんです。それで今日も、エゴの木の見えるところで待っていようと、ほくほくと出かけたんです。(連休働いたので連休明けはお休み。ほくほく♪)でも、そんなに甘くありませんでしたよ~。
里山に入った途端、「キョ」とか「キー」というような連続音が枝から枝へわたってゆくのです。シロハラの警戒音に似てるけど、姿が見えない。(シロハラはずんぐりしていておおきいので、移動したら見逃すことはない)それに、まだここらに渡ってくるのは早い気がする・・・。それに、ちかくで声はするのに、いくら待っていてもエゴの木にヤマガラが来ない。やっと1羽来たと思ったら、近くからから「ヴィー」(危ない!!)というとてもおおきな警戒音。すぐに飛んで逃げました。どうしちゃったんだろう??私がいても逃げるヤツらではなかったし・・・。1時間後、引き上げると、また「キョー・・・」と繰り返すこえが・・・。
正体は、モズのお姐さんでした。里山の出口から、住宅地の方へ鳴きながら飛んでいきました。モズがここらで鳴きまわっていたので、群れは迂回していたようなのです。ヤマガラは、危険を冒して仲間に警報を出したんだ・・・。そう思うと、じんとしました。でもまあ、そんなわけで、今日は群れには会えませんでした。とほほ・・・。
バードテーブルは、ここは普通の住宅地なので、私もギリギリでやってます(汗)いつ苦情が来ても仕方ない状態で。お客さんが増えてくれるのは嬉しいんだけど、スズメの喧噪が悩みの種です。
豊かな環境
エゴノキや山柿などの食べ物が豊富で、虫もまだいるんですね。
いろんな種類が来てるんですね~集まってくる小鳥達を見てると時間を忘れそうな。
エナガやメジロは春以来見てないです、いい環境が身近にあるのはいいですね。
minさん食堂にはエナガも来るのかな?

薮蚊にたくさん刺されたそうですが、大丈夫でしたか?
こちらの薮蚊はそろそろご臨終してますが、夏場に刺された時はぼっこり腫れて痒みもハンパなかったです。
治るのに1週間かかり、ちょうどそのときに新しく刺されるという・・。
虫よけなど全然効かず、長袖の上からも刺すタチの悪さでした(-_-;
Re: 豊かな環境
simcoさん
なんということもない里山なのですが、いわゆる雑木林です。一昨年、ヤブがだいぶ削られてしまいましたが、それでもまだましなほうかもしれません。
こちらはまだ日中20度以上あり、日差しも強いので、晴れの日には、まだ冬の気配はありません。歩き回ると汗をかきます。
小鳥たちには、うまく群れの移動時間にぶつかれば、会うことができるのですが、明日からまた仕事でお預けです(泣)冬の北海道で、ナナカマドの実にエナガが群がっているのを見たことがあるのですが、虫のほかに木の実も食べるのでしょうか。バードテーブルに来たことはありませんが、ときどき庭を通っていくことがあります。もし、果物を食べてくれるなら、こんど木の高いところに置いてみようかな。メジロは、冬の北海道にはいないみたいですね。

ヤブ蚊のご心配をありがとうございます。今日はティーツリーとシトロネラのブレンドオイルの虫除けを塗っていったら、どこも刺されませんでした。好きなにおいではありませんが、これがいちばん効くようです。ラベンダーやハッカ油でも試しましたが、あまり効かなかったですね。やはり、虫も嫌なにおいの方が寄ってこないようです。このにおいが気にならなければお試しください。・・・私はあまりお薦めできるにおいじゃないと思いますが・・・。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。