週間天気
ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

min628

Author:min628
いつまでたっても上達しませんが、文鳥や野鳥の写真を撮るのが好きです。ときどき本について書くことがあると、長くて読むのがたいへんです。すみません。(鳥鳥文鳥とは、鳥話の間に時々長文が入るという意味だったらしい)
通称(文鳥の)世話人と呼ばれています(←飼い主とは認めてもらっていないらしい)
写真はサムネイルです。クリックで拡大します。

宮城県からブログを発信するカモミールさん
被災地に残ったバードテーブルです。 サムネイルをクリックすると記事にジャンプします そこからトップページをクリックすると最新記事が読めます 被災という事態から3年たってしまいました。復興はまだまだですが、カモミールさんは元気です。いまも、東北をレポートしてくれています。ぜひ訪問してください。忘れない、東北。
ふんばろう東日本
個人が立ち上げたさまざまな支援のプロジェクト。メニューはたくさんあります。出来ることをさがしてみよう!
復興支援 東日本大震災
遠くにいてもできる支援があります
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
文鳥点取り占い@i phon
文鳥堂さんのアプリができました!
現在のところi phon限定のようです。お持ちの方はぜひDLを!


ちなみに世話人はi phon持ってないのでコドモにDLさせました(泣)
文鳥たちの紹介
こちらからごらんください
最新のコメント
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
simcoさんにバナーを作っていただきました
北の野鳥ページはこちらから↓
コンパクト月別アーカイブ
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろのこと

Thu.26.12.2013 2 comments
拍手コメントをくださるかた、いつもありがとうございます。
鍵がついてますと、ご返事ができない(もしくはバカ世話人には方法がわからない)のでございます。
なあに、こんな閑散としたブログの拍手コメントなんか、だ~れも見に来やしませんから、鍵なしでも大丈夫ですよ~。
熱心に読んでくださって、ほんとうにありがとうございます。恥ずかしい過去まで知られてしまい、あせっております。それをまとめるなどという大それたことなど、とうていできない相談でございます。
以上、コメントへのご返事でした。

私がはじめてお迎えした文鳥、しろの写真が、ネット上に流出してるんですね。あれはうちの兄ちゃんが撮ったもので、たしかに気の強そうな顔してます^^;
私にとって、しろは特別な文鳥でした。自分を文鳥とは思っていない、人間より上の存在だと思っていたところがありました。怖いもの知らずで何にでも興味を持っていたので、ブログのネタにも困らなかったです。今居るサノスケは荒鳥で、ロロは差し餌で育った手乗りの文鳥ですが、娘が育てたので、いまひとつ私の文鳥ではないところがあります。私も仕事を始めたため、しろのように濃密に遊ぶ時間もありませんでした。そのためか、好奇心も人との接近度もいまひとつ。なかなかネタにはなりません。

私も久しぶりにしろのことをゆっくり思い出しました。データを無くしてしまい、ネットからダウンロードしたものなので、精度もわるくてお見せできるようなものではないのですが、ごく初期のころからいくつか拾ってみました。

真剣にバンカースに参加するしろさん。投資意欲満々。
110.jpg

ラッピングしてみた。こういうことをしても、嫌がることもなく、しれっとしていました。
ラッピング2_1_1

未知のことでも、まったく物怖じしない性格でした
なによ!12.23_1

アヒル化してくつろぎ、水浴びする女王様
113.jpg

そうです、しろは最後まで女王様でした。しもじものニンゲンは、ことごとくお仕えしておりましたっけ・・・。


ツボ巣を撤去

Mon.09.12.2013 2 comments
もう卵を生む危険はないだろうと判断して、朝の放鳥時に、いよいよツボ巣をとりました。そうとは知らず、巣材(ゴミ)集めに熱心なロロさん。

P1140760-2.jpg

巣材(ゴミ)の取り合い・・・やめなさ~い!!

P1140761-2.jpg

ぜんぶ奪って持ち帰り、勝ち誇るロロさん。

P1140762-2.jpg

・・・あれっ??

P1140764-2.jpg

巣がないのでボー然。このあとも、巣材(ゴミ)をくわえたまま、これをなすりつけるところを探しておりました。しつこくサノスケを追い回して「ねえねえ、これ、どーすんのッ?!!」とかいいながら、巣材をつきつける。

P1140766-2.jpg

そんなことされてもね。サノスケはもともとおつきあい程度だったので、何事もなかったようにサッサとえさを食べています。仕方ないので、ロロもえさ入れにこすりつけたりしていました。かなり長いこと巣材をくわえたまま右往左往していたロロですが、ようやくサノスケに取ってもらいました。

P1140595-2_201312081654001b2.jpg

水浴びして、羽繕いして、たくさんご飯を食べたら、ロロさんも卵のことは忘れたようです・・・・。
めでたしめでたし・・・なのか??

卵はおしまい?

Sun.08.12.2013 2 comments
突然ですが、ここで体重測定で~す。
はい、ロロさん23グラム。おぉ、体重増えた。よかった~。

P1140752-2.jpg

サノさんが乗りました。

P1140756-2.jpg

48グラム。48-23で、25グラム。まあまあですね。これで、2羽とももう卵は入ってないと判断。擬卵とツボ巣を取っても大丈夫でしょう。はぁ~、やっとこれで抱卵状態終了。ロロさんなんかもう、おなかに抱き癖がついて所帯じみてきちゃってます・・・┐(’~`;)┌

P1140748-2.jpg

ちなみに、ここには卵の黄身がはいってます。ちょっと食べただけで、すぐにそっちのけでゴミ拾うんだよね・・・。

P1140744-2.jpg


不可思議

Tue.03.12.2013 2 comments
この一年のあいだに、文鳥たちは2度の引っ越しをしたことになります。
岐阜の家 → 北海道の小屋 → 岐阜の家・・・

北海道の小屋で放鳥すると、パニックになり、かごに帰れなくなっていた時もありました。そのうちだんだんとその場所に慣れて、じぶんから帰れるようになり、ほっとしました。
ところが、しばらくすると、これまでほかの文鳥についてまわりだったサノスケが、自分から行動するようになったのです。自分から窓際に行き、外の野鳥のこえに聞き入っている姿を見たときは、これまでにないサノスケの顔を見たような気がしました。
といっても、文鳥はもともと群れで行動する鳥なので、ロロと行動をともにすることは多いです。そうそう、ロロさんはあんまり変わらなかったですねぇ(笑)

さて、ふたたび岐阜の家に戻り、2日後に放鳥してみました。すると、パソコンモニタ、プリンタ、ソファ、キッチンカウンタ、そして机、というふうに、かつて中継ポイントだった場所に、つぎつぎとまっていくのです。

はじめての放鳥時に第一ポイントで周囲を確認するおフタリさん
P1140597-2_201312011652284c4.jpg


P1140600-2_2013120116540894b.jpg

小屋を造っているときに、文鳥かごの位置をしばらく変えたことがあります。その位置から放鳥すると、元の場所に戻って、かごがないのに気づいてパニックになりました。工事が終わって、かごを元の位置に脅すと、何事もなかったように戻っていきました。文鳥も、渡り鳥のように、過去の飛行ルートが、地図のように残っているのでしょうか。あまりにポイントをついているので、不思議に思いました。

P1140659-2.jpg

P1140662-2.jpg

いや、文鳥たちは立派です。半年離れていた場所でも、どこをどう飛んでいたのか覚えているのですから。
それにひきかえ、ニンゲンの世話人は、荷物をほどいて収納すると、もうどこにしまったか覚えていない。台所に立っていても、自分のウチではないような違和感を常に感じてしまう。自分の家なのに、未だにギクシャクして暮らしているのです。

 適応能力低っっ!!!  文鳥>世話人

文鳥より頭わるいかも・・・orz

「文鳥の日々」からごらんいただいているというかた、拍手コメントをありがとうございました。そんなに昔から見ていてくださると、世話人が ほんとにバカ なのがよくわかってしまうので恥ずかしいです・・・。

ロロさん、サノさんの大仕事

Sun.01.12.2013 0 comments
卵は無精卵なので、このまま暖めても腐っていくだけです。そこで、割れたりしないうちに擬卵という作り物の卵とすり替えました。擬卵の数は4個です。

次の日・・・

P1140624-2.jpg

二つ増えてるがな!!Σ(゜ロ゜;)!!

・・・これはもう、ロロさんだけのお仕事ではないと確定。
サノさん、あなたも生んだのね・・・orz
女の子同士は争って生んでしまうことがあるという・・・。ダメ、もうやめて!ロロさんなんか、もう8個目ですよ。こんな大仕事、どんだけダメージになるか(泣)
とにかく、煮干しを食べてください。

P1140653-2.jpg

ロロさん、欲張るからウトウ状態ですよ。

P1140625-2.jpg

そして横取り。性格悪いなぁ(笑)美人(鳥)なのに・・・。

P1140632-2.jpg

そして、ツボ巣のなかに煮干しを運び、そこらじゅうにこすりまくる。においをつけてるのか?(動きが超高速なのでブレまくっております)

P1140611-2.jpg

P1140613-2.jpg

文鳥と暮らして10年以上たちますが、いまだにわからない謎です・・・。

ロロさんの大仕事 その2

Fri.29.11.2013 4 comments
岐阜の家は火の気が無かったので、到着した夜はヒーターを効かせておいたけれど、朝は北海道の家より寒かった・・・。
翌朝は、夫さんにストーブをつけてもらってから起きました。

サノスケ、ロロた~ん!元気かな??

P1140588-2.jpg

P1140585-2.jpg

・・・おフタリとも、たいへんお疲れのようでございました。
ロロさんは、ふくらんでる・・・。元気がないです・・・・。だ、大丈夫?

!!!!!!~~~

P1140584-2.jpg

たっ・・・卵がいつつもあるぅ~~~!! 

いつのまに?!・・・って、引っ越しの最中に決まってるのでした。はるばる5時間かけてフェリー港にたどりつき、さらに船に揺られて一昼夜、そこからまた2時間の運転中に、生んだのにちがいないのでございますが。
向こうでひとつ生んでるのは確認してたので、一日二つずつ生んだことに??

ヽ(゚Д゚; )ノ ごごごごめんなさいっ!!

さぞやすんごいストレスだったのでしょう。フェリーのなかで会いに行かなくて、ごめんなさいっ!!

まてよ?もしかしたら・・・ サノさんも卵生んでる?? だから5個なのかも・・・。

(再び)↑↑大バカです!!((((゚Д゚))))

真相は謎のままですが、その後もロロが一つ生んだのを確認。ただいま6個です。
カ、カルシウム~~!!

ロロさんの大仕事

Wed.27.11.2013 2 comments
ようやく岐阜に戻りました~。つ、疲れた・・・・。
・・・なんて言ってはいけない。ロロさんのことを考えたら・・・・。

P1140582-2.jpg

今回も新日本海フェリーさんにお世話になりました。(今回、船内で撮れた写真はこれだけ↑・・・すれちがうフェリー)

予約の時に、ペットルームにはすでに犬がいるということがわかっていたので、事務室預かりをお願いしておきました。ところが、乗船してからフロントに行くと、犬のいる部屋の奥にもうひとつある、その奥の部屋で預かるというのです。今回は事務室で、と再度お願いすると、難なく受け入れてもらえたのでよかったのですが・・・。その部屋へは行かなかったけど、ペットルームは、客室のある事務室よりもエンジンの振動と騒音が大きかったので、こちらのほうがマシかなと判断しました。
温度も20度以上あったので(ニンゲンも暑かった)ヒーターなし。深夜だったので、持ち込んでそのまま、事務室の続きになっている給湯室?のような部屋(の床)に置いてもらいました。振動よけの座布団は一枚増加の2枚。かけた布と一緒にひもで縛って固定したのは前回と同じです。(過去の記事参照・・・なにしろ写真が撮れてないのですみません)

今回は事務室なので、朝になって水替えなどの世話をするときも、フロント横に出してもらって、そこで世話しましたが、もろ人通りのあるところなので、混んでいたらちょっと恥ずかしかったかも・・・。事務室なので中に入れないのかな?と思ったので、聞かずに、日中も会いに行きませんでした。フロント横でかごをのぞき込んで「サノち~ん、ろーちゃ~ん」などと言うところを見られたら、恥ずかしいことこの上ないです。(朝、フロントにいたおにーさんには聞かれてしまった・・・orz)もちろん、放鳥もなしです。ドアの向こうなので写真も撮れず、あとはそっとしておくよりありませんでした。

さて、朝のぞいたとき、サノスケはびっくりしてかごの中を飛び回りましたが、ロロさんは・・・ガツガツとえさを食べている・・・。おぉ、さすがろーちゃん、ノーテンキで助かったわ、なんてのんきなことを考えていました・・・。

↑↑大バカです!!((((゚Д゚))))

このときはロロがどんなに大変なことになっていたのか気づいてませんでした。

一昼夜たって、敦賀に到着。かごを車に積み替え、ふとんで両サイドを囲い、「スチロールの箱よりコートを着せたほうが暖かいよ」とアドバイスをもらったので、中綿の入ったコートを上からかぶせました。走行中、暑いくらいヒーターを効かせたら、エンジンを止めても、30分くらいなら放置してもなんとかなりました。外気温は10度以下だったでしょう。(実際に、買い物のあいだ実験)

ようやく岐阜の家に到着。火の気のない家は北海道より寒かった!ヒータースイッチオン!!夜遅かったので、2羽がツボ巣にはいっていることを確認して、運転中の振動でこぼれてしまった水だけ補給して、その日は倒れるように寝ました。

続く・・・

« Prev Page - topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。